メインイメージ

コエンザイムQ10が美白を叶える2つの理由

エネルギーをつくり肌のターンオーバーを活性化させる

美白を叶えるためには、ターンオーバー(新陳代謝)を活性化させ、肌細胞の生まれ変わりを促すことが大切です。そして、このターンオーバーにはエネルギーが必要です。
コエンザイムQ10には、食べ物から摂取した糖や脂肪を、ターンオーバーといった体の働きに必要なエネルギーに変える力があります。

体内に十分な栄養があったとしても、コエンザイムQ10が不足しているとエネルギーがうまくつくられません。
すると、ターンオーバーの機能も低下して、剥がれ落ちるはずの細胞が残ってしまいます。その結果肌の透明感を失い、くすみといった原因にも繋がってしまいます。

体内にあるコエンザイムQ10は、20代でピークを迎えますが、その後は加齢に伴って徐々に減少してしまいます。
ですから、年齢を重ねても理想的な美白を叶えるためには、コエンザイムQ10をサプリメントなどから補給をして、細胞の新陳代謝を活性化させましょう。

抗酸化力でシミの原因になる活性酸素を除去する

活性酸素によってシミができるメカニズム

シミができる原因の一つとして、活性酸素による影響が考えられます。
活性酸素とは、人が呼吸をすることによって発生し、体内に侵入してきた細菌やウイルスを除去する働きがあります。
しかし、紫外線やストレスによって過剰に発生すると、健康な細胞まで酸化させて機能を低下させてしまうのです。

特に紫外線には、人体にとって有害な物質が多く含まれています。このため、紫外線を沢山浴びてしまうと、その害から体を守るために大量の活性酸素が発生してしまうのです。
すると、この活性酸素によるダメージを緩和させるために、メラノサイトという細胞がメラニン色素をつくりだします。

このメラニン色素が、活性酸素による酸化のダメージを変わりに引き受けてくれるのですが、メラニン色素が酸化することで肌が黒くなってしまうのです。
そして、新陳代謝も上手く行われないと、酸化したメラニン色素が残ってしまい、シミと呼ばれる状態になってしまいます。

コエンザイムQ10がシミのない肌を叶えるメカニズム

コエンザイムQ10には、活性酸素を除去する強い抗酸化力があります。
ですから、コエンザイムQ10を摂取することで、紫外線によって過剰に発生する活性酸素の影響を減らすことができます。
そして、活性酸素を除去することで、メラニン色素が過剰に増えることを防ぎ、シミが気にならない肌へと導かれるのです。

また、コエンザイムQ10には、体に必要なエネルギーをつくりだし、ターンオーバーを正常化する働きがあります。
この働きによって、古い角質が取り除かれ、透明感がある美白が叶えられます。

この記事の関連一覧