メインイメージ

ハリとコシがある美髪へと導くコエンザイムQ10のシャンプー

コエンザイムQ10が配合されているシャンプーの特徴

コエンザイムQ10が配合されているシャンプーには、「美容液シャンプー」と呼ばれるものがあります。
美容液シャンプーは、ただ汚れを洗い流すだけでなく、美容成分によって健康的で美しい髪へと導いてくれます。

コエンザイムQ10が配合されている美容液シャンプーには、髪の表面だけでなく、髪の土台である頭皮にもアプローチしてくれるものがあります。
また、コエンザイムQ10の他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分が豊富に含まれているシャンプーなら、若々しい美髪づくりをサポートしてくれるでしょう。

美髪へと導くコエンザイムQ10の働きとは

保湿に必要なエネルギーづくりをサポートする

美髪を叶えるためには頭皮の乾燥を抑えることが大切

ツヤとコシがある潤った髪を叶えるためには、頭皮の乾燥対策をすることが大切です。頭皮は髪の土台ですので、頭皮が乾燥しているとパサつきやごわつきがある髪質に繋がってしまいます。
また、乾燥した頭皮は、かゆみやフケがでやすくなります。

頭皮の乾燥を抑えるためには、水分を保持する役割がある「セラミド」が必要です。このセラミドが低下してしまうと、水分を保持できなくなり、バリア機能が低下してしまうのです。

コエンザイムQ10がセラミドの生合成に関わるATPの生産をサポートする

セラミドの生合成には、細胞内に存在しているミトコンドリアが生み出すATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーが必要です。

ミトコンドリアが、体内に取り入れた糖質・脂質・タンパク質などを変換することで、ATPがつくり出されます。この生産の過程において、コエンザイムQ10は重要な役割を果たしているのです。
ですから、コエンザイムQ10が不足してしまうと、ATPがうまくつくり出されなくなり、エネルギー不足となってしまうのです。

コエンザイムQ10が配合されている美容液シャンプーを使用することで、頭皮の潤いを守り、綺麗な髪が育ちやすい環境へと整えることができるのです。

脂質を酸化させる活性酸素の働きを抑制する

活性酸素とは

人が呼吸をして酸素を吸うことで、体内で自然と活性酸素が発生します。この活性酸素は、本来は体内に入り込んだ細菌などを退治する役割を担っています。
しかし、ストレスや紫外線の影響を受けると活性酸素は増えすぎてしまい、問題がない細胞にまでくっついて酸化させてしまうのです。

頭皮の脂質が活性酸素によって酸化してしまうと、過酸化脂質という物質が発生します。この過酸化脂質が増えると、頭皮が痒くなったりニキビができやすくなったりしてしまうのです。

また、活性酸素は、髪の毛を作る働きがある毛母細胞にもダメージを与えます。毛母細胞が酸化させられて機能が低下してしまうと、髪が薄くなってしまう恐れがあります。

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がある

コエンザイムQ10は、活性酸素を除去する力をもった「抗酸化成分」でもあります。
コエンザイムQ10の強い抗酸化力によって、活性酸素による影響が抑えられれば、頭皮や毛母細胞を守ることができるのです。

そして、コエンザイムQ10によって頭皮環境が守られることで、ハリのある若々しい髪へと導かれるのです。

この記事の関連一覧