メインイメージ

コエンザイムQ10とあわせて摂りたい栄養素(αリポ酸)

コエンザイムQ10とαリポ酸を一緒に摂取するメリット

エネルギーの生産量が高まる

コエンザイムQ10とαリポ酸は、どちらもATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーをつくるために重要な成分です。

ATPとは

ATPは、人間の様々な活動において必要とされるエネルギーで、細胞の中に存在しているミトコンドリアによってつくられます。
このATPの材料となる栄養素が、糖質や脂質、タンパク質などの三大栄養素です。ミトコンドリアは、これらの成分を変換することで、ATPを生み出しています。

エネルギーづくりを助ける2つの成分の働き

ミトコンドリアがATPを生産する過程で、コエンザイムQ10とαリポ酸が重要な役割を果たします。

エネルギーが生まれるまでの道のりは、まず、摂取した三大栄養素は「アセチルCoA」という物質にまで変換されます。次に、ミトコンドリア内の「クエン酸回路」に運ばれ、電子に変わります。αリポ酸は、このクエン酸回路でエネルギーづくりをサポートするために働きます。

そして、クエン酸回路の先にある「電子伝達系」に運ばれた後、電子が酸素と結びつくことで最終的にエネルギーと水に変換されるのです。
コエンザイムQ10は電子伝達系において、電子の受け渡し役という重要な役割を担っています。コエンザイムQ10が足りないと、電子が効率よく伝達されず、エネルギーがうまくつくられません。

このように、ATPエネルギーを十分に生み出すためには、コエンザイムQ10とαリポ酸をしっかりと補う必要があるのです。

体内の抗酸化力がアップする

コエンザイムQ10とαリポ酸は、どちらも強い抗酸化作用(※1)があります。
(※1)抗酸化作用とは、細胞を酸化させる活性酸素を除去する働きのことをいいます。

特に、αリポ酸の抗酸化力は、ビタミンCやビタミンEの約400倍と強力です。さらに、αリポ酸は脂肪と水の両方に溶けるため、体の隅々の細胞にしっかりと行き渡り、抗酸化物質として働くことができます。
また、コエンザイムQ10の再生を助ける働きもあるため、αリポ酸とコエンザイムQ10をあわせて摂ることで、体内の抗酸化力が高まるのです。

これらの成分によって活性酸素による影響が抑えられれば、細胞の機能を維持し、健康的で元気な体と若々しい肌を保つことができるのです。

αリポ酸が糖質の代謝をスムーズにする

αリポ酸は、糖質の代謝に深く関わっています。αリポ酸の働きによって糖質の代謝がスムーズになれば、糖化(※2)が抑えられます。

(※2)糖化とは、余分な糖質が体内のタンパク質などと結びつき、細胞を衰えさせる現象です。糖化が進むと、肌のコラーゲンが破壊され、シワなどが現れる恐れがあります。また、糖化によって発生した老廃物が皮膚の細胞に沈着すると、シミやくすみにも繋がります。

コエンザイムQ10にあわせてαリポ酸も摂取することで、活性酸素による老化だけでなく、糖化による肌老化の抑制も叶えられるのです。

コエンザイムQ10とαリポ酸の摂取方法

コエンザイムQ10とαリポ酸を毎日一緒に補うなら、食品からではなく、サプリメントを食後に摂取することをおすすめします。
αリポ酸は、空腹時に摂取した方が吸収率は高くなるといわれていますが、空腹時に摂取すると胸やけなどを起こす可能性があります。
また、コエンザイムQ10は油に溶けやすい脂溶性の成分ですので、油分が含まれた食事の後に摂取した方が吸収が良いです。

コエンザイムQ10とαリポ酸が配合されたサプリメントを効率よく摂取して、エネルギーに溢れた元気な体を維持しましょう。

この記事の関連一覧