メインイメージ

コエンザイムQ10の精力増強に役立つ働きとは

ATPをつくり出す力を活性化して血行を促進する

なぜ精力増強には血行を促進することが大切なのか

ED(勃起不全)は、精力が減退する原因の一つです。このEDが起こる要因は、血行不良が考えられます。

正常な勃起は、陰茎内の血液量が増えることで起こるため、血行不良などによって陰茎に流れ込む血液量が少ないと、十分な勃起ができなくなってしまいます。このため、精力を増強するためには、血液の流れを良くすることが大切です。

コエンザイムQ10が血行促進に役立つATPの生産を活性化させる

コエンザイムQ10には、血管拡張作用があるATP(アデノシン3リン酸)をつくり出す力を活性化する働きがあります。

このATPは、食事などから摂取した糖質・脂質・タンパク質などの栄養素が、細胞内に存在しているミトコンドリアの働きによって変換されることで発生します。ATPは、体内の様々な活動のエネルギーになりますが、血管を拡張する力ももっています。

ですから、コエンザイムQ10をサプリメントなどから十分に摂取することで、ATPがうまくつくり出されて血管が拡張し、血流が良くなるのです。
そして、血流が良くなることにより、陰茎まで血液がしっかりと流れるようになり、精力増強が実現します。

また、精力を高めるためにはエネルギーも必要ですので、コエンザイムQ10を意識的に摂取して、ミトコンドリアがATPをつくり出す力をサポートしましょう。

活性酸素を除去してテストステロンの減少を抑える

精力が減退する原因には、男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少が考えられます。このテストステロンの減少を抑えるためには、テストステロンを作る精巣を活性酸素による酸化から守る必要があります。

活性酸素は呼吸をすることで自然と発生し、体内に侵入してきたウイルスや細菌と戦う働きがあります。しかし、ストレスなどの影響を受けると大量に発生してしまい、健康な細胞まで酸化させて機能を低下させてしまうのです。

テストステロンを作る精巣も活性酸素による酸化に弱いため、テストステロンの減少を抑えて精力を高めるためには、活性酸素を除去してくれる抗酸化力がある成分を摂取することが大切です。
コエンザイムQ10は抗酸化力が強いため、摂取することで活性酸素を十分に除去し、精巣のテストステロンを作る機能を維持することができます。

また、活性酸素を除去することは、テストステロンの減少を抑えるだけでなく、血液中の悪玉コレステロールが酸化されることを防ぐことができます。
その結果、血液がドロドロになることを防ぎ、良い血流を維持することができるのです。

このように、コエンザイムQ10がもつATPをつくり出す力を活性化する働きと抗酸化作用は、精力増強をサポートしてくれるのです。

この記事の関連一覧