メインイメージ

ダイエットに嬉しいコエンザイムQ10の力とは

ATPをつくり出す力を活性化して代謝力を高める

なぜダイエットには代謝を上げる必要があるの?

ダイエットを成功させるためには、基礎代謝を上げることが大切です。
この基礎代謝は、生きるために必要な体内の活動(心臓の拍動や体温維持など)で必要なエネルギーであるため、基礎代謝が高いと自然と消費されるカロリーも多くなります。

実は、一日に消費されるカロリーのうち、約6~7割は基礎代謝が占めているといわれています。
ですから、基礎代謝が上がれば上がるほど、食事から摂った糖や脂肪、さらに蓄積した脂肪をエネルギーに変えることができ、太りにくい体になるのです。

基礎代謝とATPの関係

基礎代謝が高いと太りにくい体を維持できますが、年齢が重なるにつれて基礎代謝は低下していってしまい、太りやすくなってしまいます。
これには、細胞の中に存在している「ミトコンドリア」が関係しています。

このミトコンドリアには、食事から摂取した糖や脂質を分解し、ATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーに変える働きがあります。
ATPは、筋肉や臓器などの器官が動くためには必要なエネルギーです。また、基礎代謝のエネルギーも、このATPによるものです。

ですから、ATPが十分につくられないと基礎代謝が下がり、体や内臓に脂肪がつきやすくなってしまうのです。

コエンザイムQ10がATPづくりをサポートする

コエンザイムQ10には、ATPをつくり出す力を高める働きがあります。ですから、サプリメントなどからコエンザイムQ10を十分に摂取すると、体内のATPを増やし基礎代謝のアップに繋がります。

コエンザイムQ10は体内にも存在していますが、40代を過ぎるとその量は急激に減少する傾向があります。
また、ミトコンドリアの数も、男女ともに40代に入る頃から減少していってしまうのです。ですから、コエンザイムQ10とミトコンドリアが減少していく40代以降の方は、コエンザイムQ10をサプリメントなどから意識的に摂取することをおすすめします。

ミトコンドリアを活性酸素によるダメージから守る

ミトコンドリアによってATPがつくり出される際に、活性酸素が発生します。
この活性酸素には、もともと体内に侵入してきたウイルスや細菌と戦う役割がありますが、ストレスなどの影響を受けると過剰に発生し、健康な細胞まで酸化させて弱らせてしまうのです。

ミトコンドリアは、活性酸素による攻撃に弱いという特徴があるため、ATPをつくり出す際に発生する活性酸素によって、ミトコンドリア自身もダメージを受けて機能が低下してしまいます。
そして、ミトコンドリアの働きが弱くなってしまうと、ATPも十分につくられずに基礎代謝の低下にも繋がってしまうのです。

コエンザイムQ10は、この活性酸素を除去する抗酸化力が非常に強いです。
このため、コエンザイムQ10を摂取することによって、増えてしまった活性酸素を除去してミトコンドリアを守ることができます。

その結果、ミトコンドリアがATPを十分につくり出すことができるようになり、基礎代謝もアップしてダイエットの成功へと導かれるのです。

この記事の関連一覧