メインイメージ

コエンザイムQ10がたるみ防止に役立つ理由

線維芽細胞を活性化してコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す

たるみの原因の一つとして、乾燥や紫外線、加齢などの影響で、肌の潤いに必要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが減少することが考えられます。

肌(皮膚)は、外側から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層の構造をしています。
コラーゲンは、肌の真皮の線維を構成する主要なタンパク質で、肌の弾力性を維持しています。また、ヒアルロン酸も同じ真皮に存在し、肌の水分を保つために最も重要な役割を担っています。
このため、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうと、肌の弾力や水分を維持できず、たるみに繋がってしまうのです。

たるみを防ぐためには、コラーゲンやヒアルロン酸をつくる働きがある「線維芽細胞」を活性化させることが大切ですが、線維芽細胞の機能も加齢によって低下してしまいます。
コエンザイムQ10は、この線維芽細胞を活性化する働きがあります。
そのため、コエンザイムQ10を取り入れることで、線維芽細胞のコラーゲンとヒアルロン酸を生成する力を高め、たるみのない肌へと近づくことができるのです。

年齢を重ねるにつれて、線維芽細胞の機能は低下し、コラーゲンとヒアルロン酸の量は低下するため、コエンザイムQ10を意識的に取り入れることが望ましいです。

コラーゲンにダメージを与える活性酸素を除去する

コラーゲンは、細胞を酸化させる活性酸素から受けるダメージでも減少してしまいます。
この活性酸素は呼吸によって発生し、外部からの細菌やウイルスと戦う働きがありますが、紫外線の影響を受けるとその量が増え、コラーゲンの線維まで破壊してしまうのです。

皮膚の表皮の下にある真皮は、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンによって構成されています。しかし、その大部分をコラーゲンが占めているため、コラーゲンが破壊されてしまうと、肌の弾力やハリが失われ、たるみができやすい状態になってしまいます。

活性酸素によるダメージを減らすためには、活性酸素を除去する力がある抗酸化成分を取り入れることが大切です。
コエンザイムQ10は、抗酸化力が強い成分でもあるため、取り入れることで活性酸素を十分に除去し、コラーゲンを守ることができます。そして、弾力やハリが維持された若々しい肌へと導いてくれます。

まとめ

コエンザイムQ10には、たるみ防止に役立つ働きがあります。
その一つは、肌のハリに必要なコラーゲンの生成をする線維芽細胞を活性化させる働きです。
そして、もう一つが、コラーゲンを破壊する恐れがある活性酸素を除去する抗酸化力です。
これらの働きによって、たるみがなくてハリと弾力がある肌へと導いてくれるのです。

たるみといった肌の老化を防ぐためには、紫外線対策やストレスをためないことなどを心がけることも大切です。
その上でコエンザイムQ10の力を取り入れて、理想的な若々しい肌を叶えましょう。

CoQ10の美容効果一覧記事を読む

この記事の関連一覧