メインイメージ

子どもがコエンザイムQ10を摂取してもいいのか?

子どもはコエンザイムQ10を補う必要がない

コエンザイムQ10は、ほとんどの細胞内に存在しており、エネルギーづくりを助ける働きと、細胞の機能を低下させる活性酸素を除去する役割を果たしています。そして、これらの働きによって、免疫力が維持されます。

実際に行われた研究では、子どもの血中コエンザイムQ10の濃度が低くなるほど、インフルエンザによる肺炎の症状が重症であったと報告されています。
このように、コエンザイムQ10は大人だけでなく、子どもの健康維持にも欠かせない存在です。

しかし、子どもは大人のように、コエンザイムQ10を意識して摂取する必要はありません。
体内でつくられるコエンザイムQ10の量は、20歳でピークを迎えます。そのため、子どもの体内のコエンザイムQ10が不足してしまうことは稀だといわれています。

ですから、子どもにはコエンザイムQ10のサプリメントなどは与えず、普段の食事で必要な栄養をバランス良く与えましょう。

子どもにサプリメントを与えることは控えよう

コエンザイムQ10だけでなく、子どもに安易にサプリメントを与えることはおすすめしません。
サプリメントは薬と違い、品質に問題があるものも販売されています。サプリメントに使用されている原料の品質管理も、メーカーによって違います。
このような安全性が十分でないものを、まだ体が出来上がっていない成長途中の子どもに与えることはリスクも高いです。

子どもの健康を守るためには、食事の栄養のバランスが大切です。どんなにサプリメントを与えても、乱れた食生活をカバーすることはできません。
また、サプリメントは健康食品ですので、効果が保証されているものではありません。
このようなことを理解した上で、子どもにサプリメントを与えたい場合は、素人判断で与えずに専門家に相談をすることが望ましいです。

普段の食事でいろいろな食材をバランス良く食べていれば、サプリメントなどで栄養を補う必要はありません。
栄養バランスが良いメニューを考えることも必要ですが、まずは家族で楽しく食事ができるような環境をつくることも大切です。

コエンザイムQ10はイワシや牛肉、大豆などにも含まれているので、普段の食事から自然と摂取することができますが、子どもの場合は意識して摂らせる必要はありません。
子どもの健康を守るためには、まずはエネルギーづくりに必要な三大栄養素や、ビタミン類やミネラルなどが含まれている食事と運動、規則正しい生活などを大切にしましょう。

この記事の関連一覧