コエンザイムQ10(錠剤・カプセル)の特徴

コエンザイムQ10のサプリメントには粉末やゼリーなど様々な形状があります。今回は手軽に飲むことができる錠剤とカプセルのサプリについて特徴や製造方法などを紹介します。

錠剤とカプセルの違い

錠剤とは

薬やサプリメントの半分は錠剤といわれています。確かに目にする回数も摂取する頻度も錠剤が多いのではないでしょうか。
1日何粒と決められた量を水分と一緒に一口で飲むことができるので扱いやすいです。粉末のようにスプーンで計量する手間もありません。
しかし、固形の錠剤にするためには結合剤や崩壊材などの化合物が必要になります。自然のままで摂取できないというデメリットがあり、また純度が低くなることもあります。
そして、飲み込む力が弱い人や気管支が詰まりやすい人、お年寄りなどは錠剤でも飲み込めない場合があります。錠剤を粉々にしてから飲むという人もいます。
胃でしっかり溶かさなければいけないので胃が弱い人・荒れやすい人も錠剤で苦労するかもしれません。胃の炎症を防ぐ成分が入った錠剤もありますが、コエンザイムQ10のサプリではあまり見かけません。
手軽に飲める錠剤ではありますが、人によっては苦手という場合もあるでしょう。

カプセルとは

カプセルにはハードカプセルとソフトカプセルがあります。コエンザイムQ10ではどちらも使用されています。
ハードカプセルは中に粉末や顆粒を入れるので純度が高いまま扱うことができます。余計な化合物を入れなくて済みますし、高温・高圧で加工されることもないのでコエンザイムQ10の成分が損なわれません。
ただどうしてもサイズが大きくなるので飲み込むのが辛い人がいるでしょう。カプセルの中身を出して飲んでいる人も見かけます。
しかしカプセルのおかげで品質の保たれたコエンザイムQ10を摂取できるので、飲むのが苦でなければとても便利です。
ソフトカプセルは液体成分をゼラチンやでんぷんなどの皮膜でカプセル状に包んだものです。この膜が分厚いのでハードカプセルよりは純度が下がってしまいます。化合物も扱われるでしょう。
ただ外気に触れることがないので中身のコエンザイムQ10の品質を守ることができます。
グミのように弾力があるので多少の衝撃には耐えられますが、熱を加えると溶けてしまうことがあるので保管は冷蔵庫が推奨されます。

製造方法

コエンザイムQ10は煙草の葉から抽出する合成法や、天然の酵母・細菌から抽出する発酵法があります。これらの抽出方法で得たコエンザイムQ10を錠剤やカプセルに製造していきます。

錠剤

抽出した後、乾燥して水分を飛ばしたコエンザイムQ10は粉末状になっています。粉のままでは錠剤にならないので結合剤などの化合物を加え、まとまりやすいように再度水分も与えられます。これを練って、造粒する機械で顆粒にしたあと、錠剤にするための機械で1トンほどの重さで押しつぶすことで錠剤ができあがります。

ハードカプセル

ハードカプセルはゼラチンや植物由来の材料でできた円筒形のカプセルにコエンザイムQ10の粉末や顆粒を詰めてキャップをして作られます。カプセルの厚さは0.1mm程度です。キャップが外れないようにするために結合部分は凸凹しています。逆に凸凹の部分をうまく外すと中身だけを取り出すことも可能です。充填された後のカプセルの大きさは全長が約15mm~21mmまでの4段階あるのが一般的です。

ソフトカプセル

ソフトカプセルはコエンザイムQ10の液体成分を皮膜内部に充填しながら製造されるという2つの方法があります。
2枚のフィルムシートを歯車のように回る2つの金型に挟み込み、液体を流し込みながら圧着する「打抜き法」という方法が一つ。
もう一つは同心の二重になっているノズルがあり、内側からは液体、外側からはゲル化剤などの皮膜溶液を滴下して二重構造のカプセルを作る「滴下法」です。
カプセルの形は球体や楕円形、長い楕円形など様々な種類がありますが、コエンザイムQ10では楕円形やフットボールのような形をしたフットボール型が多くみられます。

特徴・どんな人に向いているか?

錠剤やカプセルは飲み込むのが苦ではない人に向いています。水と一緒に問題なく飲み込めるのであれば、計量する手間もなく溶かしたり混ぜ込んだりする工夫もしなくて良いのでとても便利です。一気に流し込んでしまいたい人は錠剤やカプセルを選びましょう。
匂いや味を感じることもないので嫌な思いをすることもありません。ただコエンザイムQ10自体にはクセや味はほとんどないのであまり心配する必要もないでしょう。

価格相場

コエンザイムQ10の錠剤タイプは国産だけでなく海外製品も広く出回っています。1~2か月分が2500円~5700円ほどと幅があります。サプリによって1日2粒・3粒などの違いもあります。薬局では医療用医薬品としてコエンザイムQ10の錠剤が1か月分2500円くらいで扱われることもあります。
カプセルタイプは1か月2000~4000円ほどで購入できることが多いです。
サプリケースに入れて持ち運べば手軽に飲むことができる錠剤・カプセルのコエンザイムQ10サプリをぜひ試してみて下さい。

【参考文献】
コエンザイムQ10のおすすめサプリメント
http://g-collection.web5.jp/ranking.html