メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリはカフェインと一緒に飲んでもいいのか

カフェインとは

カフェインは、苦みがある天然の成分で、主にコーヒー豆や茶葉などに含まれています。その中でも、特にコーヒー豆に多く含まれています。

カフェインには、末梢の血管を拡張する働きがあるため、冷えの抑制に役立ちます。また、エネルギーを熱として放出する働きもあるため、脂肪の燃焼もサポートしてくれるのです。
さらに、カフェインがもつ利尿作用によって、体内の不要な水分が排出されれば、むくみを抑えることができます。

カフェインがコエンザイムQ10のサプリに与える影響

カフェインは、コーヒーやお茶など多くの人に好まれる飲み物に多く含まれており、体に嬉しい作用もあります。
しかし、カフェインとコエンザイムQ10を一緒に摂取することはおすすめできません。
なぜならカフェインには、他の栄養素の吸収を阻害してしまう恐れがあるといわれているからです。

ですから、健康維持のためにコエンザイムQ10のサプリメントを取り入れるとしても、カフェインが入った飲み物で摂取してしまえば、その力を十分に得ることができません。

特に、脂溶性の成分であるコエンザイムQ10は、水に溶けにくいという特徴があるため、もともと体内での吸収率がよくありません。
そんなコエンザイムQ10のサプリメントを、カフェインが入った飲み物で飲んでしまうと、さらに吸収率が悪くなってしまう可能性があります。

コエンザイムQ10のサプリはなるべく常温の水で飲もう

コエンザイムQ10に限らず、基本的にサプリメントは常温の水で飲むことが大切です。サプリメントを常温の水で飲むことで、栄養素が体内にうまく届けられます。さらに、胃が適度に刺激されて、活発に動くようになるのです。

このように、コエンザイムQ10のサプリメントを摂取する際は、カフェインが入った飲み物は避けて、なるべく常温の水で飲むことを心がけましょう。
また、カフェインが入った飲み物を飲むときは、コエンザイムQ10のサプリメントを飲む数時間前や後にするなど、タイミングをずらすようにしましょう。

理想的な体や肌に近づくためにコエンザイムQ10のサプリメントを取り入れるなら、一緒に飲む物やタイミングにも十分に気を付けて摂取しましょう。

この記事の関連一覧