メインイメージ

目覚めの良さを叶えるコエンザイムQ10の力

ATPをつくり出す力を活性化させて冷えを抑制する

目覚めの悪さと冷えの関係とは

目覚めを良くするためには良質な睡眠をとることが大切ですが、冷え性などで体が冷えていると睡眠に障害が生じてしまいます。

人の体は日中に体温が上昇し、夜になると体に溜まった熱(深部体温)を下げるために、足や手の末梢の血管を拡張させ、血液量を増やして熱を放出します。その体温の変動により、体は自然と眠りの体勢に入って深い睡眠をとることができます。

しかし、冷え性などで常に体が冷えている人は、日中の温度が上がらず夜も熱の放出が行われにくくなります。そのため、体温の変動が少ない分、体が眠りの体勢に入りにくくなり寝つきの悪さと目覚めの悪さに繋がってしまうのです。

ミトコンドリアの機能を高めて体温の維持に役立つATPの生産を活性化する

コエンザイムQ10には、体温の維持に必要なATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーをつくり出す力を活性化する働きがあります。

ATPは、食事などから摂取した三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)などを、ミトコンドリアの働きで変換することでつくり出されます。このATPは、体内の様々な活動において欠かせないエネルギーです。

ミトコンドリアによってつくり出されたATPのうち、約75%が体温の維持に使われます。
また、ATPには血管を拡張する作用があるため、十分につくられることで良い血流を維持し、温められた血液を全身に送ることができます。

このような冷えの改善に役立つATPをつくり出すためには、コエンザイムQ10を摂取してミトコンドリアの機能を高めることが大切です。

体内にあるコエンザイムQ10の量は、20歳を境に減少をしてしまうため、冷えによって目覚めが悪くなっていると感じる方は、コエンザイムQ10をサプリメントなどから意識的に摂取すると良いでしょう。

ミトコンドリアを酸化させる活性酸素を除去して疲労の回復へと導く

体が疲れすぎたり疲労が蓄積されたりすると、自律神経のバランスが乱れて交感神経が活発になり、疲れているのに眠れない状態になってしまいます。そして、なかなか眠れなくなることで、次の日の朝の目覚めにも悪影響を与えてしまうのです。

疲れにくい体を叶えるためには、ミトコンドリアが正常に機能してATPをつくり出す必要があります。しかし、ミトコンドリアが体内で過剰に発生した活性酸素(※1)によって酸化されると、機能が低下してATPが不足してしまいます。

(※1)活性酸素は、人が呼吸によって酸素を吸うことで自然と発生します。この活性酸素には、体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦う働きがありますが、ストレスなどの影響を受けて過剰に発生してしまうと、健康な細胞まで酸化させて機能を低下させます。

コエンザイムQ10には、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。ですから、サプリメントなどからコエンザイムQ10を摂取することで、体内で過剰に発生した活性酸素を減らし、ミトコンドリアの機能を守ることができるのです。

さらに、コエンザイムQ10にはATPをつくり出す力を活性化する働きもあるため、積極的に取り入れることでエネルギーの不足を防ぎ、疲労回復と目覚めの良さにも繋がります。

この記事の関連一覧