メインイメージ

粉末タイプのコエンザイムQ10の特徴

粉末タイプのコエンザイムQ10のメリット

成分の純度が高い

粉末タイプのサプリメントは、加工の際に失われる成分が少ないため、純度が高いというメリットがあります。
成分の純度が高いため、コエンザイムQ10がもつ「エネルギーの生産を助ける力」や、細胞を酸化させる活性酸素を除去する「抗酸化力」をうまく得ることができます。

そして、コエンザイムQ10の作用を十分に得ることができれば、健康と美容の維持が叶えられるのです。

好きな飲み物に混ぜて飲むことができる

粉末タイプのサプリメントは、カプセルタイプと違ってお茶や水など、好きな飲み物に混ぜて摂取することも可能です。
そのため、カプセルといった一粒が大きいサプリメントを飲むことが苦手な方も、無理なく摂取を続けることができます。

また、コエンザイムQ10の粉末タイプのサプリメントの多くは、飲み物だけでなくヨーグルトといった食べ物にも混ぜて飲むことができるので、食事と一緒に摂取することができます。
食事と一緒に摂取することで、コエンザイムQ10の摂取を習慣にすることができ、飲み忘れの防止にもなります。

軽量で持ち運びにも便利

粉末タイプのサプリメントは、ビンではなく袋に入っているため、軽量で持ち運びしやすいです。そのため、外出先でも手軽にコエンザイムQ10を補給することができます。
また、家の中の目につきやすい場所に置いておくことで、飲み忘れも防げます。

顆粒タイプのコエンザイムQ10のデメリット

湿気に弱いなど取り扱いに難しい

粉末タイプのものは、サプリメントの中でも特に湿気に弱いといわれています。
そのため、商品を良い状態で維持するためには、決められた正しい保管方法で保存することが大切です。

また、粉末タイプのコエンザイムQ10の品質を維持するために、商品によっては湿気対策や防虫対策も必要です。

飛び散りやすい

粉末タイプのサプリメントは、錠剤と違って開封時などに粉が飛び散りやすい点がデメリットです。飛び散るだけでなく、くっつきやすいため、粉末タイプを飲み慣れていない方には取り扱いが少々難しいです。

この記事の関連一覧