メインイメージ

コエンザイムQ10の健康効果(目覚めの良さ)

仕事や家事のために朝早く起きないといけないのに目覚めが悪いと辛いですよね。その状態を1日中引きずってしまい体調が悪いこともあります。そんな目覚めを良くしてくれる働きがコエンザイムQ10にはあります。どのように良い目覚めに導いてくれるのでしょうか。

目覚めが悪い状態とは

目覚めが悪い原因は様々あります。単純に睡眠が足りていない場合は原因が明確ですが、日々の習慣でも目覚めが悪くなってしまいます。
例えば、寝る前のスマホやパソコン操作で脳が覚醒してしまったり、強いストレスを感じて自律神経が乱れたりすることで睡眠の質は低下します。
乱れた食生活で睡眠中に低血糖状態になると寝起きがだるくなります。
運動不足でも筋肉が衰えて血行不良になり酸素や栄養素が体中に行き渡らず目覚めが悪くなります。
こうした日常生活の原因によって目覚めが悪くなり、日中でも仕事や家事がうまくできなくなる場合もあるでしょう。

コエンザイムQ10が目覚めを良くする効果

コエンザイムQ10を摂取していると以下のような働きによって良い目覚めに期待することができます。

抗酸化作用で疲れを回復

ストレスや紫外線、乱れた生活習慣などで私たちの体内には活性酸素が発生し、正常な細胞を酸化させて機能を弱めたり老化させたりします。その活性酸素を除去する抗酸化作用をコエンザイムQ10は持っています。
活性酸素が増えると代謝機能が衰えて疲労を回復する力も低下してしまい、睡眠をとっても疲労が蓄積したままで翌朝の目覚めの悪さに繋がってしまいます。しかしコエンザイムQ10の抗酸化作用により活性酸素を除去することで、細胞のエネルギー代謝が正常になり、疲労物質が代謝さて疲れを取り除いてくれるのです。疲れがなくなり翌朝の目覚めの良さに繋げてくれるでしょう。

エネルギー産生が体の働きを正常化

コエンザイムQ10は細胞内に存在してエネルギーを産生することで細胞の働きを活性化しています。細胞の新陳代謝が良くなるので、古い細胞の修復や交換を行って体に必要なエネルギーが作られやすくなります。体の働きが正常になることで睡眠中には疲労した脳や体を効率よく回復させます。細胞が元気になると朝の目覚めの良さにも繋がってくるでしょう。

コエンザイムQ10で快適な朝へ

コエンザイムQ10の抗酸化作用やエネルギー産生の働きにより体の機能が正常になることで目覚めの良い朝を迎えられることが分かりました。
朝になってもなかなか起きられないという方は疲れが溜まっていたりストレスを抱えていたりしませんか?体が回復できない状態で睡眠をとっても目覚めは良くなりません。
疲労回復して目覚めを良くするためにコエンザイムQ10を試してみて下さい。

この記事の関連一覧