メインイメージ

コエンザイムQ10のハンドクリームの魅力とは

コエンザイムQ10の働きが乾燥による手のシワを目立たなくする

コラーゲンやヒアルロン酸をつくる線維芽細胞を活性化する

コエンザイムQ10のハンドクリームは、ただ手を潤すだけでなく、小じわの目立たない手へと導いてくれます。そんなコエンザイムQ10の働きの一つが、繊維芽細胞の活性化です。

繊維芽細胞は、ハリを保つコラーゲンや潤いに必要なヒアルロン酸を生成しています。コエンザイムQ10は、この線維芽細胞を活性化させて、コラーゲンやヒアルロン酸の生産を高めてくれるのです。

線維芽細胞を活性酸素から守る

繊維芽細胞の機能を低下させる一番の原因が、活性酸素による影響だといわれています。
活性酸素は、酸素を吸うだけで体内で発生するもので、細菌やウイルスの退治に役立ちます。しかし、紫外線やストレスなどの影響を受けると、活性酸素は過剰に発生し、健康な細胞まで酸化させてしまうのです。

活性酸素によって線維芽細胞が酸化させられてしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す機能も低下してしまいます。

コエンザイムQ10には、この活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
コエンザイムQ10によって増えすぎてしまった活性酸素が除去されれば、繊維芽細胞の機能を守ることができるのです。その結果、手の潤いやハリも維持されます。

セラミドの生合成に必要なATPの生成を活性化する

肌の保湿に欠かせない成分の一つが、セラミドです。このセラミドの生合成には、細胞内のミトコンドリアがつくり出すATP(アデノシン3リン酸)が関わっています。
ATPは、体内の様々な活動において必要とされるエネルギーです。ミトコンドリアは、食品などから摂取した糖質などの栄養素を変換することで、このATPを生み出しています。

しかし、ミトコンドリアがATPを十分につくり出すためには、コエンザイムQ10のサポートが必要不可欠です。ですから、体内のコエンザイムQ10が足りないと、ATPの生産量も低下してしまいます。

体内で生産されるコエンザイムQ10は、20歳を過ぎると年齢を重ねるにつれて減少していってしまいます。そのため、コエンザイムQ10が配合された化粧品を意識的に取り入れることをおすすめします。

コエンザイムQ10が配合されたハンドクリームを使用することで、手のハリと潤いが守られ、乾燥による小じわも目立ちにくくなるのです。

ポンプタイプなど様々な種類がある

コエンザイムQ10が配合されているハンドクリームには、様々な商品が存在します。
ポンプタイプのハンドクリームなら、忙しいときでもすぐに手を潤すことができて便利です。

高純度のコエンザイムQ10が配合されているジェル状のハンドクリームなら、浸透性だけでなく、みずみずしいテクスチャーで使い心地が良い点も魅力です。
また、コエンザイムQ10だけでなく、プラセンタといった美容成分が豊富に含まれているハンドクリームもあります。

このように、コエンザイムQ10のハンドクリームには様々な商品があるので、使用するシーンや目的によって使い分けても良いでしょう。

この記事の関連一覧