メインイメージ

自分に合ったコエンザイムQ10の摂取量を知ろう

コエンザイムQ10の一日の摂取目安量は、約30mg~約300mgと幅が広いです。また、サプリメントによって、一日に摂取できるコエンザイムQ10の量に違いがあります。

そのため、コエンザイムQ10をより効率よく取り入れるためには、まずご自分に合ったコエンザイムQ10の量を知ることが大切です。

自分に合ったコエンザイムQ10の量を知るためのチェックポイント

年齢

コエンザイムQ10は、もともと体内でもつくられる成分です。しかし、体内でつくられるコエンザイムQ10の量は、20歳でピークに達し、その後は年齢を重ねるにつれて徐々に減少していってしまいます。
特に、40歳を過ぎるとさらに大きく減少していってしまうのです。

ですから、コエンザイムQ10が大きく減少していく中高年の方は、コエンザイムQ10を一日に60~100mg程度摂取しても良いでしょう。

摂取する目的

健康維持・美容

コエンザイムQ10は、一日30mg程度の摂取でも、体内で十分に吸収されていればコエンザイムQ10の働きに期待できます。
ですから、20~30代の方で、健康維持や美容のためにコエンザイムQ10を取り入れる場合は、一日に30mg程度摂取しましょう。

中高年の方で、健康や若さを保つためにコエンザイムQ10を取り入れる場合は、前項でもご紹介したように60~100mg程度を目安にしましょう。

スポーツや運動のためのエネルギーづくり

コエンザイムQ10の働きの一つが、エネルギーの生産の活性化です。
様々な活動において必要とされるエネルギーは、細胞内に存在するミトコンドリアによってつくり出されます。しかし、ミトコンドリアは、コエンザイムQ10のサポートがなければエネルギーをうまくつくり出すことができないのです。

このため、体内のコエンザイムQ10が足りないと、エネルギー不足となって疲れやすくなる場合があります。

ですから、普段スポーツや激しい運動を行う方は、コエンザイムQ10を一日に100~300mg程度摂取して補うことをおすすめします。
コエンザイムQ10のサプリメントには、一日に300mg程度摂取できるアスリート向けのものも存在します。普段は一日に100mg程度摂取し、大会といった特別な日の前には300mg摂取するなど、量を調節しても良いでしょう。

この記事の関連一覧