メインイメージ

シミ防止に役立つコエンザイムQ10の力

ターンオーバーを活性化する

コエンザイムQ10には、シミのない肌をつくるために大切なターンオーバーを活性化させる働きがあります。

シミとターンオーバーの関係

細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAが破壊され、細胞がダメージを受けたり皮膚癌の原因につながったりします。
このような紫外線による影響から肌を守るために、紫外線を浴びると肌の外側にある表皮の最下層(基底層)にあるメラノサイト(色素細胞)は、チロシナーゼと呼ばれる酵素を活性化させます。
このチロシナーゼの作用によって、チロシンというアミノ酸の一種がシミの元になる黒いメラニンに変化します。

そして、大量に生産されたメラニン顆粒は、同じ基底層にあるケラチノサイト(角化細胞)に取り込まれます。
そして、メラニン顆粒を大量に含んだケラチノサイトは、そのまま表皮の一番外側にある角質層まで上がってきます。
その後、メラニン顆粒が表皮全体に分布しはじめることで、色素が濃いシミとして認識されるのです。

ケラチノサイトは、一日に一回程度分裂しつつ、表皮の一番下にある基底層から上にある有棘層、顆粒層、角質層へと徐々に分化し、最後は垢となって剥がれ落ちます。この一連の流れは「ターンオーバー」と呼ばれています。

しかし、加齢などによってターンオーバーが遅延してしまうと、メラニン色素がなかなか垢となって消失せず、シミとして残ってしまうのです。

コエンザイムQ10がターンオーバーを促進するメカニズム

遅くなったターンオーバーを正常の速度にするためには、ATPと呼ばれるエネルギーが必要です。
このATPは、細胞がもつ老廃物の排出や栄養を取り込む働きのエネルギーでもあるため、表皮細胞のATPが不足してしまうと、ターンオーバーの速度が落ちてしまうのです。

コエンザイムQ10には、ATPの生産に関わる補酵素としての働きがあります。
このコエンザイムQ10は体内でも生成されますが、その生成力は40歳を過ぎる頃から衰えるため、年齢を重ねるにつれて減少します。
それに伴って、ATPの生産力も低下し、ターンオーバーの遅延に繋がってしまうのです。

シミが気にならない肌を叶えるためには、ATPの生産に必要なコエンザイムQ10を意識的に取り入れて、ターンオーバーの速度の低下を防ぎましょう。

シミの原因に繋がる活性酸素を除去する

コエンザイムQ10は、ターンオーバーを促進するだけでなく、活性酸素を除去してシミを抑制してくれます。

活性酸素は、呼吸をすることによって発生し、体内に侵入した細菌やウイルスと戦う役割を果たしています。
紫外線には、有害な物質が多く含まれているため、紫外線を浴びるとその害から身体を守るために、活性酸素が大量に発生します。
しかし、活性酸素がもつ酸化力は強力であるため、健康な細胞まで酸化させてしまいます。

この活性酸素によるダメージから肌を守るために、メラノサイトという細胞がメラニン色素をつくります。
メラニン色素は、活性酸素から受けるダメージを変わりに引き受けて、肌細胞の被害を防いでくれます。
このため、紫外線によって活性酸素が過剰に増えると、メラニン色素が増加してシミに繋がってしまうのです。

シミを防ぐためには、過剰に発生した活性酸素を除去して減らすことが大切です。
コエンザイムQ10には、活性酸素を除去する強い抗酸化力があります。
ですから、コエンザイムQ10を取り入れることで、紫外線によって過剰に発生した活性酸素からのダメージを減らし、肌を守ることができます。

CoQ10の美容効果一覧記事を読む

この記事の関連一覧