メインイメージ

コエンザイムQ10を加熱処理されていないサプリで摂ろう

コエンザイムQ10は熱に弱い?

コエンザイムQ10には、細胞を酸化させる活性酸素を除去したり、エネルギーの生産量を高めたりする働きがあります。そのため、コエンザイムQ10を積極的に摂取することで、健康的で若々しい体に近づくことができるのです。

しかし、このコエンザイムQ10はデリケートな成分で、強い熱を受けると変質してしまう可能性があるのです。
また、コエンザイムQ10だけでなく、ビタミンといった栄養素や酵素などは、55℃以上の加熱処理を行うと壊れてしまう恐れがあるともいわれています。

ですから、コエンザイムQ10の力をより十分に得るためには、加熱処理をされていないサプリメントで摂取することが望ましいです。

加熱処理されていないコエンザイムQ10とは

低温処理製法でつくられるコエンザイムQ10

加熱処理をされていないコエンザイムQ10の一つが、「低温処理製法」でつくられたサプリメントです。

この低温処理製法では、サプリメントが35℃~37℃程度の低温で、時間をかけて製造されます。それにより、コエンザイムQ10といった栄養素の損失を防ぎ、素材本来の有効性が確保されるのです。
低温処理製法は、コストや時間がかかってしまいますが、大切な栄養素の働きを守る事ができます。

このような製法によって作られたコエンザイムQ10のサプリメントなら、コエンザイムQ10がもつ本来の力により期待することができます。

γ-シクロデキストリンによって安定性が高いコエンザイムQ10

コエンザイムQ10の熱に弱いという弱点が克服されたサプリメントに、「CoQ10包接体」というものがあります。
このCoQ10包接体は、「γ-シクロデキストリン」という物質の内部空間にコエンザイムQ10が取り込まれているため、熱に対する安定性が高いのです。

また、γ-シクロデキストリンは、内側は親油性、外側は親水性という特徴があります。CoQ10包接体では、このγ-シクロデキストリンの内部に、脂溶性のコエンザイムQ10が小さくバラバラになった状態で取り込まれています。そのため、コエンザイムQ10がスムーズに腸まで届き、腸管からうまく吸収されるのです。

このように包接体のコエンザイムQ10は、熱に強いというだけでなく、吸収性にも優れています。

この記事の関連一覧