メインイメージ

活性型コエンザイムQ10のメリットとは

一般的なコエンザイムQ10と比べると吸収率が良い

一般的なコエンザイムQ10は吸収率が良くない

酸化型や還元型などの一般的なコエンザイムQ10は、脂溶性であるため水に溶けにくいという性質があります。
また、摂取したコエンザイムQ10は小腸で吸収されますが、一般的なコエンザイムQ10は大きいため、小腸の中にスムーズに入ることが出来ないのです。

そのため、酸化型や還元型などのコエンザイムQ10は吸収性が悪く、体外に排出されてしまうものも多いのです。
体内に吸収される量は、摂取したコエンザイムQ10のわずか約10%程度ともいわれています。

活性型には脂溶性と水溶性の働きがある

一般的なコエンザイムQ10は完全に脂溶性ですが、活性型のコエンザイムQ10はメーカー独自の技術によって、脂溶性と水溶性の両方の働きを持っています。

このため、活性型のコエンザイムQ10は、従来の脂溶性のコエンザイムQ10よりも水に溶けやすく、吸収性に優れているのです。

小さい粒に分解される「ミセル化」によって吸収率がアップ

酸化型や還元型のコエンザイムQ10は脂溶性ですが、脂溶性の栄養は腸で吸収される前に、小さな粒子に変える(ミセル化)必要があります。
活性型のコエンザイムQ10は、体内で簡単にミセル化されるように加工されているため、小腸の中にスムーズに入ることができます。

吸収率が良いから胃腸への負担がかかりにくい

活性型のコエンザイムQ10は、水溶性の働きを持っていたり、ミセル化されやすくなっていたりするため吸収率が良いです。
このため、活性型のコエンザイムQ10は、通常のものと比べると約8倍も吸収率が高いといわれています。

吸収率が高いため、沢山摂取する必要もありません。ですから、胃腸への負担がかかりにくく、毎日無理なく続けることができます。
また、吸収性が良い分、コエンザイムQ10が全身の細胞にしっかりと行き渡ります。その結果、エネルギー生産を高めたり、細胞を酸化させる活性酸素の働きを抑えたりすることが叶えられます。

酸化型を選ぶべきケースはこちら

還元型を選ぶべきケースはこちら

包接体を選ぶべきケースはこちら

各タイプの比較はこちら

この記事の関連一覧