メインイメージ

液体のコエンザイムQ10の特徴

ドリンクタイプにはコエンザイムQ10以外の成分も含まれている

コエンザイムQ10のサプリメントは、錠剤や粉末だけでなく液状のものも存在します。
ドリンクタイプには、コエンザイムQ10だけでなく、コラーゲンやアミノ酸など他の成分も含まれているものがあります。

また、ミネラルやビタミンなどが含まれているものもあるなど、一緒に配合されている成分は商品によって様々です。
ですから、目的に合わせてお好みのドリンクを選び、必要な栄養素を効率よく補給することができます。

飲み物やゼリーに混ぜて摂取するものもある

液状のコエンザイムQ10の中には、小瓶に入っていて飲み物やゼリーなどに混ぜて使用するものもあります。
このような商品によっては、コエンザイムQ10が吸収されやすいように水溶性に加工されています。

コエンザイムQ10は、本来は脂溶性であるため、水に溶けにくく吸収されにくいです。しかし、水溶性に加工されていることで体内での吸収率がアップします。
このようなタイプのものなら、お好みの飲み物や料理に合わせて手軽にコエンザイムQ10を補うことができるのです。

ドリンクタイプならジュースのように美味しく飲める

ドリンクタイプのコエンザイムQ10には、アップルレモン味など様々な味があります。そのため、サプリメントを飲むというよりも、ジュースを飲むような感覚で美味しく摂取することができます。

さらに、ドリンクタイプのコエンザイムQ10にも水溶化されているものがあるため、味だけでなく吸収性にも期待できます。

ドリンクタイプは開封したら早めに飲み切ることが大切

ドリンクタイプのサプリメントは、美味しく飲めて吸収性に期待できる点が魅力ですが、保存性が低いというデメリットがあります。

ドリンクタイプを開封して摂取した後に放置してしまうと、雑菌などが繁殖してしまう可能性があります。そのため、ドリンクタイプのコエンザイムQ10は、開封後は早めに飲み切るようにしましょう。

ドリンクタイプは保存性が低いですが、一回分がビンなどの容器に入っているため、毎日続けるとお金がかかります。ですから、毎日継続して摂取するなら、粉末や顆粒、錠剤タイプなどがおすすめです。

この記事の関連一覧