メインイメージ

コエンザイムQ10の健康効果(血流・肩こり・冷え症改善)

コエンザイムQ10は血流を良くして肩こりや冷え症を改善する効果に期待できます。どのように体内で働いてくれるのか紹介します。

血流が悪いと起こる問題・原因

まずは血流が悪くなると起こる問題やその原因を解説します。

酸素・栄養素が届かない

血液は、酸素を運ぶ赤血球、栄養素を運ぶ血しょう、ウイルスや細菌を攻撃する白血球、血を止める血小板などで構成されています。血流が悪くなるとこれらの働きが弱まるので酸素や栄養素が体の隅々まで行き届かなくなるのはもちろん、代謝や免疫力が落ちて貧弱な体になってしまいます。
血流が悪くなる原因として、血液を送り出す心臓の機能が低下していたり、もともと赤血球・ヘモグロビンの量が少なかったり、または食生活の乱れで血管にコレステロールが溜まり血液が流れにくくなっている場合もあります。

肩こり

肩や上腕の筋肉、首から背中の上部あたりに圧迫感や不快感、鈍い痛みなどが襲ってくることを肩こりといいます。長時間の同じ姿勢や運動不足、ストレスなどの原因で肩周辺の筋肉が緊張して血流が悪くなることで起きてしまいます。

肩こり解消効果の詳細をみる

冷え症

手先や足先が冷たくて仕事や家事に支障が出てしまう冷え症は、特に筋肉が少ない女性に多い傾向にあります。原因として、ストレスや不安などで自律神経のバランスが乱れていたり、甘い物や高脂肪食品を食べ過ぎて血液が胃腸に集中してしまったり、断熱効果がある皮下脂肪が多かったりして、血流が悪くなることで冷え症を引き起こします。
女性の場合は月経があるので血液を一気に失うことでも血流が滞りやすくなるでしょう。

冷え性改善効果の詳細をみる

コエンザイムQ10の血流改善効果

心機能の向上

コエンザイムQ10は細胞内に存在してエネルギー産生をサポートしています。特に心臓に多く存在しており、かつては心臓病の治療薬としても注目されていました。
これは心臓が血液を送り出すポンプ機能向上に効果があるとされているからです。ポンプ機能が活発になることで、心臓から血管、各臓器に送られる血液量が増加し、体のすみずみまで血液が行き届きやすくなります。
血液がたくさん送られると血流が改善して酸素や栄養が届きやすくなるだけでなく、肩こりや冷え症の改善にも効果的です。

血管の強化.

コエンザイムQ10には強力な抗酸化作用があります。体内で細胞を酸化させる活性酸素を除去する働きのことです。
活性酸素は血管にも発生するので、増えすぎたコレステロールを酸化させると血管壁に癒着するので血液の流れが悪くなります。また血管自体も老化させて弱く脆くなってしまうでしょう。
コエンザイムQ10の抗酸化作用により血管の活性酸素を除去すると、血管が丈夫になりコレステロールの癒着も防ぐので血流悪化を防ぎます。
健康な状態の血管であれば血液がスムーズに運ばれるので血流改善、肩こりや冷え症の解消にも期待できます。

コエンザイムQ10で不調をなくそう

血流が悪くなると様々なトラブルを招きます。肩こりや冷え症は休息を取ったからといって改善するものではありません。血流を良くして体の内側から改善する必要があります。
また体を温めたり程よい運動をするように心がけたりすることも大切です。
コエンザイムQ10を継続的に摂取して体の不調を改善していきましょう。

(参考URL)
冷え症改善にコエンザイムQ10
https://www.terramat.com/cold.html

この記事の関連一覧