メインイメージ

コエンザイムQ10は食事だけで摂取できる?

食事だけではコエンザイムQ10を十分に摂取できない

コエンザイムQ10の一日の摂取目安量

エネルギーづくりの活性化や活性酸素の除去に役立つコエンザイムQ10は、サプリメントだけでなく食事からでも摂取することは可能です。

しかし、コエンザイムQ10の一日の摂取目安量は、摂取する人の状況や目的によっても変わりますが、30~300mg程度です。
体内でつくられるコエンザイムQ10が大きく減少していく40代以降の方は、一日100mg程度摂取することが望ましいです。

この100mgのコエンザイムQ10を、食事だけで摂取することは、非常に困難です。

食材からコエンザイムQ10を十分に摂取するには

コエンザイムQ10は、イワシや牛肉、サバやピーナッツに多く含まれています。しかし、イワシ100mgあたりに含まれているコエンザイムQ10の量は、6mg程度です。
ですから、イワシからコエンザイムQ10を十分に摂取するためには、約20尾は食べる必要があります。

また、牛肉の場合でも、約3kgは食べなければコエンザイムQ10をしっかりと補うことはできません。

このように、コエンザイムQ10を多く含んでいるといわれている食材であったとしても、それだけでコエンザイムQ10を100mg程度補うことは、けして簡単なことではないのです。

コエンザイムQ10には還元型と酸化型がある

また、コエンザイムQ10には、体内で直接抗酸化作用を発揮する「還元型」と、そのままの状態では抗酸化力を発揮できない「酸化型」があります。
酸化型のコエンザイムQ10を摂取すると、小腸で吸収される際に還元型に変換されます。しかし、この酸化型から還元型へと変換する力は、年齢を重ねるにつれて弱くなってしまうのです。

そのため、なるべく還元型のコエンザイムQ10を摂取することが望ましいのですが、コエンザイムQ10を含む食材には、酸化型のものも多いです。
還元型のコエンザイムQ10を多く含む食材は、イワシやイノシシの赤身肉、牛モモや豚モモなどです。

ですから、より良いコエンザイムQ10を食材だけで摂取する場合、使う食材も限られてしまうのです。これらの食材を毎日食べ続けることも難しいでしょう。

健康と美容のためにコエンザイムQ10を摂取するならサプリメントがおすすめ

前項でご紹介したように、食材だけでコエンザイムQ10を十分に補うことは困難です。
コエンザイムQ10の力を実感するためには、コエンザイムQ10の摂取を毎日続けることが大切です。

コエンザイムQ10を毎日無理なく続けるためには、サプリメントを取り入れることをおすすめします。
コエンザイムQ10のサプリメントには様々な種類がありますので、目的にあった量のものを選ぶことができます。
食材のように調理する必要もないため、場所を選ばずに好きな場所で飲むことができます。

さらに、コエンザイムQ10のサプリメントを扱うメーカーから定期購入することで、注文をしなくても届けてもらうことができるので、楽に続けることができます。
このように、コエンザイムQ10のサプリメントなら、必要な分を手軽に補うことができるのです。

この記事の関連一覧