メインイメージ

倦怠感の緩和に役立つコエンザイムQ10の力

ATPをつくり出す力を活性化して疲労を和らげる

なぜ倦怠感の揺和にはATPが必要なのか

倦怠感とは、「疲れやすい」「だるい」などの訴えの総称です。この倦怠感は、基礎代謝に必要なエネルギーが不足していたり、体の中に疲労物質や老廃物が溜まったりしたときに生じます。

基礎代謝とは、生きていくために必要な活動(内臓の働きや呼吸など)に使われるエネルギーをいいます。そして、この基礎代謝を上げるために必要なエネルギーが、「ATP(アデノシン3リン酸)」です。

このATPは、食品などから摂取した糖質・脂質・タンパク質などの栄養素が、細胞内のミトコンドリアの働きによって変換されることでつくり出されます。ですから、ATPを十分につくり出すためには、ミトコンドリアの機能を高めることが大切です。

コエンザイムQ10がミトコンドリアの機能を高める

ミトコンドリアの機能を高めるために必要な成分が、コエンザイムQ10です。コエンザイムQ10が体内に十分にあると、ミトコンドリアが正常に働くことができ、ATPがしっかりとつくり出されます。

しかし、体内のコエンザイムQ10の量は20歳でピークに達し、その後は年齢を重ねるにつれて減少していってしまいます。
このため、ミトコンドリアの機能を維持するためには、コエンザイムQ10を積極的に摂取することが大切です。

コエンザイムQ10は、牛肉やイワシなどに多く含まれています。しかし、コエンザイムQ10の一日の摂取量(約100mg)を満たすためには、牛肉は約3kg、イワシの場合は約20尾も食べる必要があります。
このように、食材からコエンザイムQ10を毎日十分に摂取することは難しいため、コエンザイムQ10はサプリメントから摂取することをおすすめします。

ATPをつくるミトコンドリアを活性酸素から守って血行を促進する

なぜ倦怠感を和らげるためには血行を促進する必要があるのか

疲労の原因はエネルギー不足だけでなく、血行不良による「疲労物質」の蓄積も考えられます。

血液は、栄養を運ぶと同時に体内の老廃物を回収する役割も果たしています。ですから、冷えなどで血行不良が起きていると、デトックス(老廃物や毒素を体外に排出すること)がうまくできずに、疲労の原因となる疲労物質が蓄積されてしまうのです。
このため、倦怠感を緩和するためには、疲労物質が効率よく処理されるように血行を促進する必要があります。

ミトコンドリアがつくり出すATPは血管拡張作用があるため、血流の改善に役立ちます。
しかし、体内に活性酸素(※1)が多くあると、ミトコンドリアの機能が低下してATPが減ってしまうのです。

(※1)活性酸素は、人が呼吸によって酸素を吸うことで自然と発生します。この活性酸素には、体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦う働きがあります。しかし、ストレスなどの影響を受けて大量に発生してしまうと、健康な細胞まで酸化させます。

コエンザイムQ10の抗酸化力で活性酸素を除去する

コエンザイムQ10には、活性酸素を除去する強い力(抗酸化力)があります。ですから、コエンザイムQ10を体内に取り入れることで、体内で過剰に発生した活性酸素を除去することができ、ミトコンドリアの機能を維持することができるのです。

その結果、血管拡張作用をもつATPがスムーズにつくり出され、体の血流も良くなります。そして、良い血流によって疲労物質の蓄積を防ぐことができるのです。
また、過剰に発生した活性酸素を除去することで、血液中の悪玉コレステロールの酸化も防ぐことができます。これにより、良い血流を維持することができます。

このように、コエンザイムQ10はエネルギーづくりや血行促進をサポートし、倦怠感の緩和へと導いてくれるのです。
コエンザイムQ10をサプリメントから効率よく摂取して、元気な体を叶えましょう。

この記事の関連一覧