メインイメージ

コエンザイムQ10の美容効果(むくみ防止)

朝顔がパンパンにむくんでいたり、デスクワークで足がむくんで太くなったりと、体内に溜まった水分がうまく排出されないことでむくみのトラブルは起きてしまいます。そんなむくみをコエンザイムQ10が防止してくれることをご存知でしょうか。コエンザイムQ10のどのような働きによるものなのか紹介します。

むくみについて

むくみの原因

私たちの体の6割ほどは水分でできています。そのうち2/3が細胞内液、1/3が細胞外液です。細胞に栄養を送ったり老廃物を排出したりするため、体内の水分は細胞や血管を行き来しています。
しかし、長時間の同じ姿勢や立ち仕事では血液循環が悪くなり、血管から水分が多く流れ出てしまうことでむくみが生じます。サイズの小さい服や靴を身につけて血流が悪くなることもむくみに繋がります。
また水分や塩分の摂り過ぎ、運動不足、睡眠不足、ストレスなどもむくみの原因です。

むくみの防止法

むくみを防止するには血液循環が悪くならないようにこまめに体を動かして血流を良くしましょう。体操やストレッチを行ったり、むくんだ脚をマッサージしたり、フットバス、ツボ押しなども効果的です。

コエンザイムQ10のむくみ防止効果

1-2で紹介したむくみの防止法に加えてコエンザイムQ10を摂取するとさらにむくみを予防できます。以下の働きが有効です。

心臓機能の強化

コエンザイムQ10は体内で補酵素として働き、あらゆる細胞に存在してエネルギー産生をサポートしています。特に心臓では多くのエネルギーが消費されるのでコエンザイムQ10も多く必要とされます。
コエンザイムQ10を補給することで、心筋のエネルギー産生を高めて心臓のポンプ力を向上してくれます。血液の送り出しが良くなり、血行が良くなることで血液循環もスムーズに行うことができます。すると余分な水分や老廃物も血流に乗って排出されやすくなるので、むくみの改善・予防に期待できるのです。
特に加齢によって動機や息切れが生じている人は心臓の機能が衰えている場合があります。心機能が低下しているとポンプ力も下がり血液循環が悪い状態です。さらに加齢によってコエンザイムQ10は減少しています。
そのため、年齢を重ねて特にむくみが気になってきたという場合はコエンザイムQ10で心機能の改善を目指しましょう。心臓が強くなればむくみも解消、予防できます。

血管の老化防止

コエンザイムQ10には強力な抗酸化作用があります。ストレスや紫外線などで体内に活性酸素が発生すると、細胞を酸化させて老化や病気を引き起こしやすくなります。この活性酸素を除去するのが抗酸化作用です。
活性酸素は血管にも存在して老化させます。血管に老廃物などが溜まりやすくなり、血流が悪くなればむくみが生じます。
そこでコエンザイムQ10の抗酸化作用で活性酸素を除去することでこの血流悪化を防ぐことができます。血管の老化も防止できるので血液循環が正常になり、むくみを予防することができるのです。

コエンザイムQ10でむくみを予防しよう

コエンザイムQ10では主に心臓や血管の機能を正常に保つことで血流を良好にしてむくみを予防できることが分かりました。
むくみは長時間の同じ姿勢や怠惰な生活習慣が原因に繋がりますが、内臓機能の衰えも原因の一つです。体操やマッサージはもちろんのこと、コエンザイムQ10で心臓や血管を強くして体の内側からもむくみを防止しましょう。

(参考URL)
コエンザイムQ10でむくみ対策①
https://www.venusmagazine.org/gladys.html
コエンザイムQ10でむくみ対策②
http://www.supportsanity.org/dropsy.html

この記事の関連一覧