メインイメージ

顆粒タイプのコエンザイムQ10のメリット

顆粒タイプは粉末タイプより飛散性が小さい

顆粒タイプのサプリメントは、粉末同士を固めてつくられています。そのため、粉末タイプのものよりも、一粒が大きい点が特徴です。
顆粒タイプは、粉末タイプと比べると飛び散りにくいです。さらに、くっつきにくいため摂取する際に扱いやすいというメリットがあります。

このため、コエンザイムQ10に限らず、顆粒タイプはサプリメントを飲み慣れていない方にもおすすめです。

顆粒だから水に溶かしやすい

粉末タイプのサプリメントは、水に溶かそうとすると浮かんできてしまい、混ぜにくいというデメリットがあります。

これに対して顆粒タイプのものは、一粒一粒が分散するため水に溶かしやすいです。ですから、サプリメントを飲むことが苦手な方も、水やお茶などお好みの飲み物に混ぜて無理なく摂取することができます。

体内でスムーズに吸収される

顆粒タイプとカプセルタイプは吸収される早さが違う

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

顆粒タイプの大きなメリットの一つが、体内で吸収されるまでの時間の早さです。
一般的なカプセルタイプのサプリメントは、まずカプセルの表面が溶けてから成分が吸収されます。
しかし、顆粒タイプは表面を覆っているカプセルがないため、胃に届くとスムーズに分解・吸収が始まるのです。

水溶化コエンザイムQ10ならさらに吸収性が高い

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

顆粒タイプのコエンザイムQ10のサプリメントの中には、より吸収されやすいように水溶化されているのものが存在します。

一般的なコエンザイムQ10は脂溶性であるため、水に溶けにくいという弱点があります。水溶化されているコエンザイムQ10なら水になじみやすく、さらに粒子が小さいため体内でスムーズに吸収されるのです。

摂取する量を調節できる

カプセルや錠剤などは、一粒に含まれている成分の量を減らすことはできませんが、顆粒タイプは摂取する量を減らすことができます。
そのため、用途や体調に合わせて、好みの量を摂取することができます。

しかし、一日に摂取する量は、必ず決められた量を守って過剰摂取しないように注意しましょう。

水がなくても飲めるものがある

顆粒タイプのコエンザイムQ10のサプリメントによっては、水がなくても飲めるものもあります。そのようなサプリメントは、味もついているので美味しく摂取することができます。

また、一本で一日分のコエンザイムQ10を摂取できるものなら、毎日手軽に効率よく補給することができるのでおすすめです。

この記事の関連一覧