メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリはどのタイミングで摂取すると良い?

コエンザイムQ10は、体内でエネルギーづくりを助けたり、細胞を酸化させる活性酸素の影響を抑えたりしてくれる頼もしい成分です。
このコエンザイムQ10を効果的に摂るためには、より良いタイミングでサプリメントを摂取することが大切です。

コエンザイムQ10のサプリを摂るなら食後にしよう

コエンザイムQ10は脂溶性の物質

コエンザイムQ10は脂溶性の物質であるため、水に溶けにくく脂に溶けやすいという特徴があります。
摂取したコエンザイムQ10は、食事をした後に分泌される腸液(※1)で、胆汁酸などによって乳化(※2)された後に吸収されます。
(※1)腸液とは、小腸の空腸で分泌される消化液のことをいいます。
(※2)乳化とは、本来混ざり合わないもの同士が、均一に混ざる状態のことを指します。

ですから、腸液が分泌されていない食前にコエンザイムQ10を摂取しても、ほとんど吸収されないのです。
そのため、コエンザイムQ10のサプリメントの吸収率を高めるためには、なるべく食後に摂取しましょう。

油分の多い食事の後に摂ることで吸収率がアップする

脂溶性のコエンザイムQ10の吸収率を高めるためには、お肉や揚げ物などの油分が多い食事をした後に、コエンザイムQ10のサプリメントを摂取しましょう。
コエンザイムQ10を摂取する前に、油分の多い食事をとることで、脂溶性であるコエンザイムQ10が溶けやすくなり、吸収率が高まるのです。

このように、コエンザイムQ10がもつ力を十分に得るためには、コエンザイムQ10を摂取する前に油分の多い食事を摂り、体内で成分が吸収されやすい状態にすることが大切です。

運動をする日は朝食後に摂ろう

沢山のエネルギーが必要となる運動を行う日は、朝食後にコエンザイムQ10を摂取することをおすすめします。

コエンザイムQ10がもつ働きの一つが、ATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーの生産を活性化することです。
ATPは、体内に取り入れた糖質や脂質などが、細胞内に存在するミトコンドリアによって変換されることで発生します。この生産の過程において、コエンザイムQ10が重要な役割を果たすのです。

ですから、体内のコエンザイムQ10が足りないと、エネルギー不足となって疲れやすくなってしまいます。
スポーツや激しい運動をする日は、朝食後にコエンザイムQ10をしっかりと補い、エネルギーの生産力を高めましょう。

この記事の関連一覧