メインイメージ

コエンザイムQ10の製法の発酵法とは?

発酵法とはどんな製法?

コエンザイムQ10の製法には、発酵法と合成法が存在します。
そのうちの発酵法とは、微生物によって作られたコエンザイムQ10を抽出する方法です。また、微生物の他には、テンサイやサトウキビを原料として酵母によって製造されます。

この発酵法で製造されるコエンザイムQ10には、様々なメリットがあります。

発酵法で製造されるコエンザイムQ10のメリット

自然界にあるコエンザイムQ10と同じ構造で純度が高い

発酵法によってコエンザイムQ10を抽出することで、魚や肉などに含まれているコエンザイムQ10と同じ構造(トランス体)のものを得ることができます。
また、トランス体は、体内にあるコエンザイムQ10と同じ形であるため、安全性も高いです。

コエンザイムQ10の製造方法は、発酵法の他に合成法がありますが、合成法は化学合成によって製造するため、自然界のコエンザイムQ10にはない異性体(シス体)が含まれています。
ですから、発酵法によって製造されたコエンザイムQ10の方が、純度も高いのです。

安全性が高い

発酵法では、サトウキビやテンサイといった原料から酵母などによってコエンザイムQ10を抽出するため、不純物などが混ざりにくく安全性が高いです。
これに対して合成法は、タバコ由来の成分を使用して化学合成を行うため、人によっては動悸を感じるといった副作用が現れる可能性があります。

この点発酵法は、天然に存在するトランス体のみが得られるため、合成法で得られるコエンザイムQ10よりも安全です。

まとめ

コエンザイムQ10の製造方法には、発酵法と合成法があります。
発酵法は、テンサイやサトウキビなどの植物から、酵母を使用してコエンザイムQ10を抽出します。また、微生物によって作られたコエンザイムQ10を抽出する場合もあります。

この発酵法で得られるコエンザイムQ10には、様々なメリットがあります。
まず一つが、純度の高いコエンザイムQ10が得られることです。発酵法で抽出することによって、魚や肉に含まれているものと同じ構造(トランス体)のコエンザイムQ10が得られます。
これは、体内にあるコエンザイムQ10と同じですので、純度が高いです。

もう一つのメリットは、安全性が高いという点です。
化学合成によって製造する合成法では、自然界のコエンザイムQ10にはない異性体(シス体)が含まれており、人によっては副作用が現れる可能性があります。
これに対して発酵法は、天然に存在するトランス体のみが抽出されるため、合成法で得るコエンザイムQ10よりも安全性が高いのです。

この記事の関連一覧