メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリはアルコールと一緒に飲んでもいいのか

コエンザイムQ10のサプリはアルコールで飲んではいけない

コエンザイムQ10だけでなく、サプリメントはアルコールが入ったお酒で飲んでしまうと、満足できる効果を得ることはできません。
アルコールと一緒にサプリメントを飲んでしまうと、急激に吸収されて排出されてしまいます。

健康や美容のためにコエンザイムQ10を摂取しようとしても、お酒で飲んでしまったら意味がないのです。
コエンザイムQ10のサプリメントによっては、コエンザイムQ10の他にも様々な成分が含まれています。それらの成分を活かすためにも、サプリメントをお酒で飲むことは辞めましょう。

コエンザイムQ10のサプリは水で飲もう

コエンザイムQ10のもつ力をうまく得るためにも、コエンザイムQ10のサプリメントは常温の水で飲みましょう。
常温の水でサプリメントを飲むことで、適度に胃が刺激されて動きが活発になります。

サプリメントによっては、水がなくても飲むことができる顆粒状のものがあります。水が苦手な方は、こういった水がなくても飲めるタイプのものを選びましょう。
また、顆粒タイプで、ヨーグルトなどに混ぜて摂取できるものもおすすめです。

このように、健康のためにコエンザイムQ10のサプリメントを取り入れるなら、正しい方法で飲むことが大切です。

肝機能の向上のためにコエンザイムQ10を摂取するならタイミングに気を付けよう

コエンザイムQ10は、普段お酒をよく飲む方にもおすすめの成分です。
コエンザイムQ10には、肝臓の機能を向上させる働きや、良い血流を維持する働きがあります。これらの働きがうまく行われれば、アルコールを分解する力が高まり、二日酔いの予防にも繋がるのです。

しかし、前項でもご紹介したように、コエンザイムQ10のサプリメントをお酒で飲んでしまったら、その力を十分に得ることはできません。

ですから、お酒を飲んでいるときにコエンザイムQ10を摂取するのではなく、お酒を飲む数時間前に飲むなど、タイミングに注意することが大切です。
そして、コエンザイムQ10のサプリメント(カプセルなど)を摂取するときは、必ず常温の水で飲むようにしましょう。
コエンザイムQ10のサプリメントを上手に取り入れて、肝臓の機能を高めましょう。

この記事の関連一覧