メインイメージ

コエンザイムQ10を牛肉から摂取するメリットとは

コエンザイムQ10が豊富に含まれている

エネルギーの生産をサポートしてくれるコエンザイムQ10は、牛肉に多く含まれています。牛肉約100mgあたりに含まれているコエンザイムQ10の量は、約2~3mg程度です。

コエンザイムQ10の一日の摂取量分(100mg)を牛肉だけで摂取するなら、牛肉を約3kg程度も食べる必要があります。
このように、コエンザイムQ10を多く含む牛肉であったとしても、それだけではコエンザイムQ10を十分に補うことは困難です。

しかし、牛肉にはコエンザイムQ10以外にも、健康に役立つ様々な栄養素が含まれています。

女性に嬉しい鉄分が多く含まれている

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

牛肉には、「ヘム鉄」と呼ばれる鉄分が豊富です。このヘム鉄は、体への吸収性に優れているため、貧血の予防に役立ちます。動物性の食品の中でも、特に牛肉には良質な鉄が含まれているのです。

女性は、生理やダイエットなどで貧血が起こりやすいです。牛肉を適度に食べて鉄分を補うことで、ヘモグロビンがしっかりと生成されるようになります。

牛肉のもも肉にはタンパク質が多く含まれている

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

牛肉にはタンパク質が豊富に含まれているため、食事に取り入れることで筋肉量の低下を防ぐことができます。
また、牛肉から摂取できるタンパク質は、炭水化物よりも満足感が高いといわれています。
ですから、牛肉は健全な食生活を心がけたい方や、体重管理を意識している女性にもおすすめな食材です。

ビタミンや亜鉛なども含まれていて栄養価が高い

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

牛肉は栄養価が高く、コエンザイムQ10やタンパク質の他には、ビタミンB12や亜鉛なども含まれています。
ビタミンB12は、脳の機能を維持するためにも大切な栄養素です。また、亜鉛は失明を引き起こす疾患の予防にも役立ちます。

牛肉から摂取できる亜鉛の量は、野菜やシリアスと比べると多いといわれています。また、牛肉に含まれている亜鉛は、体内に吸収されやすいというメリットもあります。

セロトニンが心の安定に役立つ

詳しい説明を読む (クリックで開閉)

牛肉には、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」の材料になるトリプトファンが含まれています。
セロトニンは、ストレスがかかったときに放出されるドーパミンやノルアドレナリンなどを抑制する働きがあります。その働きによって、感情の浮き沈みが抑えられ、心の安定が保たれるのです。

また、セロトニンは、睡眠に関わる物質である「メラトニン」に変わります。メラトニンは、目の中に光が入ることで量が変化します。その量がうまく変化することで、良質な睡眠が叶えられます。

まとめ

牛肉は、コエンザイムQ10を多く含む食材の一つです。この牛肉には、コエンザイムQ10の他に、タンパク質や鉄分、ビタミンなど、心身の健康を保つために必要な栄養素が多く含まれています。
しかし、食べ過ぎてしまうと体重増加に繋がるため、注意が必要です。

毎日の食生活の中に牛肉を適度に取り入れ、健康的で元気な体をつくりましょう。

この記事の関連一覧