メインイメージ

コエンザイムQ10のリップで綺麗な唇を維持しよう

綺麗な唇の維持に役立つコエンザイムQ10の働きとは

コエンザイムQ10が保湿に大切な線維芽細胞を活性化させる

唇が乾燥しやすい理由

唇は、肌と同じように表皮と真皮に分かれています。しかし、唇の表皮には、汗を分泌する汗腺や、皮脂を分泌する皮脂腺がほとんどないため、肌を保護する皮脂膜があまりつくられません。
また、角層が非常に薄く、水分を維持する機能も低いため、唇は乾燥や紫外線に弱いのです。

ですから、乾燥から唇を守るためには、リップクリームを意識的に使う必要があります。

ヒアルロン酸やコラーゲンをつくる線維芽細胞は唇にもある

肌には、ハリに必要なコラーゲンや潤いを保つヒアルロン酸をつくる「線維芽細胞」があります。そして、この線維芽細胞は唇にも存在しています。

コエンザイムQ10には、この線維芽細胞を活性化させる働きがあります。ですから、コエンザイムQ10を取り入れて、繊維芽細胞が活性化されれば、コラーゲンやヒアルロン酸が十分につくり出されるようになるのです。
そして、コラーゲンやヒアルロン酸が十分につくられることで、潤いのあるふっくらとした唇へと近づくのです。

活性酸素によるダメージを抑制して唇を守る

唇は、角層が薄くてバリア機能が弱いため、他の皮膚と比べるとダメージに弱いです。この唇にダメージを与える原因の一つが、活性酸素です。

活性酸素は、酸素を吸うことで体内で自然と発生し、細菌やウイルスを退治する役割を果たしてくれます。しかし、紫外線やストレスなどを受けると、活性酸素は増加してしまい、問題がない細胞も酸化させてしまうのです。

コエンザイムQ10には、この過剰な活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
コエンザイムQ10の抗酸化作用によって、増えすぎてしまった活性酸素による攻撃を抑制できれば、潤いのある綺麗な唇を維持することができるのです。

コエンザイムQ10が配合されているリップの特徴

コエンザイムQ10のリップには、保湿に役立つシアバターや天然オイル、ビタミンなどが一緒に配合されている商品があります。また、紫外線から守るUVケアの機能があるリップも存在します。

ですから、夏はUVカット機能があるものを選んだり、冬は保湿に役立つ成分が多く含まれているものを選んだりするなど、季節や唇の状態に合わせて使い分けてみても良いでしょう。

コエンザイムQ10が配合されたリップを使い、潤いのある美しい唇を叶えましょう。

この記事の関連一覧