メインイメージ

酸化型コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10をサプリメントとして摂取する際、そのサプリによって配合されているコエンザイムQ10の状態が異なります。今回は酸化型コエンザイムQ10について紹介します。

還元型を選ぶべきケースはこちら

活性型を選ぶべきケースはこちら

包接体を選ぶべきケースはこちら

各タイプの比較はこちら

「酸化型」とは?

酸化型とはそもそもどういう状態のことでしょうか。
酸化とは酸素と結合して酸化物になることですが、酸素以外にも酸化という現象は起こっています。コエンザイムQ10の場合は、酸化の現象を「電子を失うこと」としています。電子とは物質を構成する最小単位の素粒子です。
コエンザイムQ10は生成された直後は「還元型」といって電子を持っていますが、酸素にさらされる経過で電子を失った「酸化型」になるのです。

酸化型コエンザイムQ10の特徴

電子を持っていない酸化型コエンザイムQ10は不安定な状態です。体内に入るとそのままでは吸収されず、電子が必要です。小腸から吸収される過程で電子を与えられ、「還元型」に変換されてやっと体に吸収されます。しかも摂取したコエンザイムQ10の全てが還元型に変換されるわけではなく、電子を与えられた一部しか変換できません。
もったいないことに変換されなかった酸化型コエンザイムQ10は老廃物として排出されてしまうのです。
市販されているコエンザイムQ10のサプリメントでは酸化型が広く出回っています。生産する際の手間が少なくコストを抑えられるので、安価に製造することができるのが理由の一つでしょう。
また実際に購入する消費者側にとっても安く手に入れられる酸化型のサプリは手軽に試しやすいので人気があります。

どんな人に向いているか

体内で変換する時間的な問題と、全てが変換されないというデメリットがある酸化型のコエンザイムQ10は一体どんな人に向いているのでしょうか?
小腸で電子を与えて還元型に変換させる能力というのは加齢とともに衰えていきます。だいたい40代くらいからその傾向がみられます。
逆に20代や30代のまだ若い世代であれば、酸化型から還元型に変換する能力が衰えていないのです。その世代の人は酸化型コエンザイムQ10を摂取すれば比較的効率よく変換・吸収されます。そのため安価で購入できる酸化型コエンザイムQ10で十分満足できるといえます。
ただ、40代を過ぎて加齢が気になってきた世代や、日常的に激しいスポーツをしている人などは酸化型よりも還元型のコエンザイムQ10を選ぶと良いでしょう。加齢に伴い体内での変換能力が衰えてきますし、スポーツをする人はエネルギーを消費しやすいので即効性が必要だからです。コエンザイムQ10は細胞内でエネルギー産生をサポートします。
特にエネルギー消費が激しくなく、体の健康のためにコエンザイムQ10を摂り入れたい比較的若い世代には酸化型コエンザイムQ10をおすすめします。

(参考URL)
コエンザイムQ10の酸化型とは?
https://www.lplizard.com/oxidized.html

この記事の関連一覧