メインイメージ

吸収率が良いコエンザイムQ10のサプリメントを選ぼう

コエンザイムQ10は吸収率が悪い?

コエンザイムQ10は、体のエネルギーづくりにおいて重要な役割を果たす成分です。また、細胞を酸化させる活性酸素を除去する「抗酸化作用」ももっているため、健康的な体づくりに欠かせません。
このように、コエンザイムQ10は頼もしい成分ですが、水に溶けにくい脂溶性の成分であるため、吸収率が悪いという弱点があります。

食品から摂取したコエンザイムQ10は、小腸で吸収された後、リンパ管を経由して血液にいきます。しかし、摂取したコエンザイムQ10のうち約60%は、吸収されずに排出されてしまうといわれています。

ですから、コエンザイムQ10のサプリメントを購入する際は、少しでも吸収率が良いものを選ぶことが大切です。

吸収率が良いコエンザイムQ10とは

還元型のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には、抗酸化作用をもつ「還元型」と、抗酸化作用をもたない「酸化型」の2種類が存在します。
酸化型のコエンザイムQ10は、摂取すると小腸で吸収されるときに、還元型に変化します。

しかし、この酸化型から還元型に変わる変換力は、加齢に伴って低下してしまうのです。
ですから、コエンザイムQ10の抗酸化力を効率よく得るためには、酸化型ではなく還元型のコエンザイムQ10のサプリメントを選ばれることをおすすめします。

活性型のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10が吸収率が悪い原因は、成分の大きさにもあります。一般的なコエンザイムQ10は大きいため、小腸の中にスムーズに入ることができません。
この大きなコエンザイムQ10を、より小さく安定させたものが「活性型」のコエンザイムQ10です。

また、脂溶性のコエンザイムQ10を水溶性に加工されているものなら、より吸収率の高さに期待できます。

パウダータイプのコエンザイムQ10

水溶性に加工されたコエンザイムQ10の、パウダータイプのサプリメントも存在します。

パウダータイプのサプリメントのメリットは、吸収されるまでの時間が早いことです。
カプセルタイプのものは、表面が溶けるまで吸収されません。これに対してパウダータイプは、胃に届いてからすぐに分解し、吸収されるのです。

また、水がなくても飲めるタイプのものなら、場所を選ばずに手軽に摂取することができます。

ビタミンCと一緒に配合された吸収型のコエンザイムQ10

吸収型のコエンザイムQ10とは、コエンザイムQ10を「γ-シクロデキストリン」という物質で包接して、吸収率を高めたサプリメントです。この吸収型は、「包接体」とも呼ばれています。

吸収型に使用されるコエンザイムQ10は、酸化型です。しかし、サプリメントにビタミンCが一緒に配合されているものなら、生体内に入る前に酸化型が還元型に変換されるのです。

この記事の関連一覧