メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリは品質管理が徹底されているものを選ぼう

なぜ品質管理がしっかりしているサプリを選ぶことが大切なのか

コエンザイムQ10は、体内のエネルギーづくりにおいて必要不可欠な成分です。しかし、体内で生産されるコエンザイムQ10の量は、20歳を過ぎると加齢に伴って減少していってしまうため、サプリメントなどから意識して補う必要があります。

コエンザイムQ10のサプリメントを取り入れる場合、製品の品質管理が徹底されているかどうか確認することが大切です。
サプリメントは、医薬品ではなく健康食品ですので、医薬品ほど厳しい品質管理や基準が求められていません。

また、サプリメントは、ネットやお店で簡単に購入することができ、摂取も自己責任になります。ですから、健康のためにサプリメントを摂取するなら、製品がどのように作られているのかしっかりと確認し、より安全性が高いものを選ぶことが望ましいです。

品質管理が徹底されているサプリとは

メーカー独自の厳しい品質基準のもとで作られているサプリ

コエンザイムQ10のサプリを扱うトップメーカーでは、コエンザイムQ10のサプリを製造する際、医薬品よりも厳しい品質管理が行われています。
医薬品を生産する際に義務付けられている製造管理に、さらに厳しい独自の基準を加えて、より万全な体制で製造されているのです。

サプリメントは、医師の診察を受けなくても入手することができます。だからこそ、医薬品よりも厳しい管理のもとでつくられている安全性が高い製品を選ぶことが大切です。

GMP認定工場で製造されているサプリ

品質管理がしっかりされているかどうか確認する方法の一つが、「GMPマーク」が付いているかどうかチェックすることです。

GMPとは、原材料の入荷から製造、出荷などの全ての過程において、商品が安全に作られて品質が保たれるようにするための基準です。
サプリメントといった健康食品は、製造の過程で有害物質が混入したり、成分量に違いがでたりする可能性があるといわれています。GMPは、このような問題を防ぐために導入されています。

GMP認定を受けた工場では、製品の衛生面や原材料の正しさなど、品質を一定に保つための管理が徹底されています。
コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ際は、このGMP認定工場で製造されているかどうか、メーカーのホームページなどを見て確認しましょう。

日本コエンザイムQ10協会の認定マークがついているサプリ

日本コエンザイムQ10協会の認定を受けている製品も、信頼性が高いといえます。この認定を受けている製品には、日本コエンザイムQ10協会の認定マークが付けられています。

日本コエンザイムQ10協会に認定されているサプリは、製品が信頼できる工場で生産されていることや、一錠中の含有量が30mg以上であることなど、様々な条件を満たしています。
この認定を受けているメーカーや製品は、日本コエンザイムQ10協会のホームページでも確認することができます。

この記事の関連一覧