メインイメージ

シス体のコエンザイムQ10とは?

シス体(異性体)のコエンザイムQ10は合成法によって生まれる

コエンザイムQ10の構造には、シス体とトランス体と呼ばれる2種類が存在します。
シス体(異性体)のコエンザイムQ10は、タバコ由来の成分を原料にして、化学合成法によって製造されます。

合成法とは、タバコ由来の成分から得たコエンザイムQ3を、化学合成によって還元型のコエンザイムQ10に生成する方法です。
この合成法によって得られるシス体のコエンザイムQ10は、肉や魚などの自然界や、人体に含まれている天然のコエンザイムQ10とは構造が異なります。

また、合成法によって製造されるコエンザイムQ10には、化学成分などが含まれている可能性も考えられます。
このため、シス体のコエンザイムQ10は、安全性や信頼性が高いとはいえません。

シス体とトランス体の違い

合成法によって製造されるシス体のコエンザイムQ10に対して、トランス体のコエンザイムQ10は、「発酵法」と呼ばれる方法で製造されます。
発酵法では、微生物や酵母などを使ってコエンザイムQ10を抽出します。
この酵母を使った発酵法によって抽出されるコエンザイムQ10は、肉や魚などに含まれているものと全く同じ構造をしているため、「オール・トランス型」とも呼ばれています。

このように、シス体とトランス体の大きな違いは、コエンザイムQ10の構造や純度です。
シス体のものは、天然のコエンザイムQ10とは構造が違い、トランス体のものは天然のコエンザイムQ10と構造が同じです。
ですから、シス体のものより、トランス体のコエンザイムQ10の方が純度や安全性が高いといえるでしょう。

コエンザイムQ10のサプリメントはトランス体のものを選ぼう

健康と若さの維持のためにコエンザイムQ10のサプリメントを摂取するなら、発酵法によって製造されたトランス体のコエンザイムQ10を選ばれることをお勧めします。
天然のものと同じで純度の高いコエンザイムQ10を摂取することで、そのパワーを十分に得ることができます。また、天然のものと同じである分、安全性が高いです。

さらに、製品の品質管理と製造管理が徹底されているものを選ぶと、より信頼性も高まるでしょう。

まとめ

コエンザイムQ10の構造には、シス体とトランス体の2種類が存在します。
タバコ由来の成分を原料にして、合成法によってコエンザイムQ10を製造することで、シス体のコエンザイムQ10が生成されます。

これに対してトランス体は、天然のコエンザイムQ10と同じ構造をしているため、シス体と比べるとコエンザイムQ10の純度が高い点が特徴です。
このトランス体のコエンザイムQ10は、微生物や酵母を使った発酵法でのみ得ることができます。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ際は、より純度や安全性が高いトランス体のコエンザイムQ10を選ぶことをお勧めします。

この記事の関連一覧