メインイメージ

コエンザイムQ10の一日の目安量について

コエンザイムQ10の摂取目安量は人によって違いがある

コエンザイムQ10の一日の目安量は、30~300mgです。このように目安量の幅が広い理由は、摂取する方の年齢や健康状態、目的などによって、必要とされるコエンザイムQ10の量が異なるからです。

コエンザイムQ10の注目される働きの一つが、ATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーづくりの活性化です。
ATPは、体内に取り入れた三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)が、細胞内に存在するミトコンドリアによって変換されることで生み出されます。この生産の過程において、コエンザイムQ10は重要な役割を果たしているのです。

摂取する方の生活習慣や目的などによって、必要とされるATPの量も変わります。

健康維持のためなら一日30mg程度

コエンザイムQ10は、もともと体内でもつくり出される成分で、その生産量は20歳でピークに達します。
また、摂取するコエンザイムQ10の量は30mg程度でも、体内でうまく吸収されれば、コエンザイムQ10の力の発揮に十分に期待できます。

ですから、20~30代の方で健康維持や美容のためにコエンザイムQ10を摂取するなら、一日30mg程度で良いでしょう。

中高年の方は一日100mg程度

体内で生産されるコエンザイムQ10の量は、20歳を過ぎると減少していきますが、その減っていく量は40歳を過ぎるとさらに大きくなります。
体内でコエンザイムQ10が不足してしまうと、エネルギーがうまく作られなくなり、疲れやすくなる可能性があります。

また、人の体内には活性酸素(※1)を除去する「SOD」と呼ばれる酵素が存在しますが、このSODも40代を過ぎると大きく減っていってしまうのです。
(※1)ストレスや紫外線の影響を受けて大量に発生した活性酸素は、健康な細胞を酸化させ、機能の低下や老化を招きます。

コエンザイムQ10には、エネルギーづくりを助ける働きだけでなく、活性酸素を除去する「抗酸化作用」もあります。
ですから、体内のコエンザイムQ10とSODが大きく減少してしまう中高年の方は、コエンザイムQ10を一日に100mg程度摂取すると良いでしょう。

スポーツをする方は一日100~300mg程度

毎日ランニングをしたり激しい運動をしたりする方は、その分エネルギーが多く必要です。また、激しい運動を行うと、体内で活性酸素が多く発生してしまいます。

人は普段、呼吸によって体内に取り込んだ酸素のうち、約2~3%程度が活性酸素として変換されます。しかし、激しい運動を行うと、その量は約5~8%程度にまで増えるのです。
真夏の紫外線が強い時期に激しい運動を行えば、活性酸素はさらに増加するといわれています。

ですから、スポーツをする方がコエンザイムQ10を取り入れる場合は、普段は一日100mg程度を目安とし、大切な大会や運動量が多い日は300mg程度にまで増やすなど、状況に合わせて調節することをおすすめします。

目安量の基本情報はこちら

この記事の関連一覧