メインイメージ

むくみ防止に役立つコエンザイムQ10の力とは

血流の改善に役立つATPをつくり出す力を活性化する

なぜむくみ防止には血流を良くすることが大切なのか?

むくみとは、皮膚の下に余分な水分や老廃物が溜まっている状態のことを指し、デスクワークや立ち仕事の方などに起こりやすいです。
余分な水分や老廃物が溜まってしまう原因として、体の圧迫や冷えなどによる血流の悪化が考えられます。

栄養素や酸素を運ぶ役割を持つ血液は、体の隅々に張り巡らされた毛細血管に行き渡り、必要な成分を届けています。
この毛細血管からは、「血漿(けっしょう)」と呼ばれる血液の成分の一部がでて、「細胞間液」になります。

細胞間液は、役割を終えると老廃物や水分になって静脈やリンパ管に運ばれます。しかし、静脈やリンパ管の流れが悪いと、老廃物と水分がしっかりと回収されません。
その結果、うまく回収できなかった水分や老廃物が皮膚の下に溜まっていってしまい、むくみと呼ばれる状態になってしまうのです。

むくみを抑えるためには、血流を良くして老廃物や水分が体内に溜まることを防ぐことが大切です。

コエンザイムQ10がATPをつくり出す力を活性化して血流を良くする

コエンザイムQ10には、血流の改善に役立つATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれるエネルギーをつくり出す力を活性化する働きがあります。

このATPは、食事などから摂取した炭水化物、脂質、タンパク質などの三大栄養素が、細胞の中に存在しているミトコンドリアの働きによって変換されることでつくり出されます。

ATPは、体内の活動において必要不可欠なエネルギーで、「生体のエネルギー通貨」とも呼ばれています。
このため、どんなに食事から様々な栄養素を摂取していても、ATPに変換されなければエネルギーが足りず、体内のあらゆる活動がうまく働かなくなってしまうのです。また、ATPには、血管を拡張する力もあるため、良い血流を維持するためにも必要なエネルギーです。

コエンザイムQ10には、このATPをつくり出す力を活性化する働きがあるため、取り入れることでATPの不足を防ぎ、血管を拡張して血流を改善することに期待できます。
そして、血流が改善されることで、余分な水分や老廃物が静脈やリンパ管に回収されるようになり、むくみの改善に近づくことができるのです。

ミトコンドリアにダメージを与える活性酸素を除去する

ATPを十分につくり出すためには、ミトコンドリアが正常に機能することが大切です。しかし、ミトコンドリアはATPをつくり出す過程で、細胞にダメージを与える活性酸素を生み出してしまいます。

活性酸素は、人が呼吸をするだけでも自然と発生し、体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦う役割があります。
しかし、ストレスなどの影響を受けて過剰に発生してしまうと、健康な細胞まで酸化させて機能を低下させてしまうのです。

ミトコンドリアには、活性酸素による攻撃に弱いという特徴があるため、ATPをつくり出す際に発生する活性酸素によって、ミトコンドリア自身もダメージを受けてしまい機能が低下します。
その結果、ATP不足を招き、体内のあらゆる活動がスムーズに行われなくなってしまうのです。

血流を良くしてむくみを防ぐためには、血管を拡張する力があるATPをつくり出すミトコンドリアを、活性酸素から守ることが大切です。

コエンザイムQ10は、活性酸素を除去する力(抗酸化力)が非常に強いです。このため、コエンザイムQ10を取り入れることで、ATPをつくり出す力を活性化するだけでなく、活性酸素によるダメージからミトコンドリアを守ることも叶えられます。

このように、コエンザイムQ10はミトコンドリアを守りつつ、むくみの改善に役立つATPをつくり出す力をサポートしてくれるのです。

この記事の関連一覧