メインイメージ

薬局やドラッグストアでコエンザイムQ10を購入するメリットと注意点

薬局やドラッグストアでコエンザイムQ10を購入するメリット

薬剤師やサプリメントアドバイザーに相談できる

コエンザイムQ10のサプリメントを、薬局やドラッグストアで購入する大きなメリットは、サプリメントについて薬剤師やサプリメントアドバイザー(※1)に相談できることです。
(※1)サプリメントの専門家として、消費者の栄養状態に合わせてアドバイスをする人のことです。

コエンザイムQ10のサプリメントは、様々なメーカーから販売されており、配合されている成分にも違いがあります。コエンザイムQ10を初めて摂取する方にとって、その中から目的にピッタリ合ったものを一人で探すことは簡単ではありません。
そんなとき、サプリメントアドバイザーの資格をもつ専門家に相談することで、より納得して商品を選ぶことができるのです。

また、コエンザイムQ10は、慢性心不全患者などに処方される「ワルファリンカリウム」という薬と一緒に飲んでしまうと、薬の効果を弱めてしまうおそれがあります。
このような飲み合わせについて専門家に相談することで、より安心・安全にサプリメントを摂取することができます。

個人情報などを登録せずに購入できる

通販サイトといったネットでサプリメントを購入するときは、注文する際に会員登録をする必要がある場合があります。
会員登録では、個人名だけでなく住所や電話番号、生年月日やクレジットカードなどの登録が求められます。これに対して薬局やドラッグストアなら、ポイントカードなどを作成する場合を除いて、特に個人情報を登録する必要がありません。

個人情報を登録するデメリットは、流出してしまう可能性がゼロではない点です。
ですから、個人情報を安易に教えたくないとお考えの方は、薬局やドラッグストアでサプリメントを購入しましょう。

在庫があれば欲しい時にすぐに購入できる

通販サイトなどで購入すると、商品が手元に届くのは早くても次の日です。ですから、当日にサプリメントが手元に欲しい場合は、薬局やドラッグストアで商品を探しましょう。
薬局やドラッグストアなら、在庫があればその場で購入することができるので、商品の到着を待つ時間がゼロです。

薬局やドラッグストアで購入する際の注意点

添加物が多く含まれていないかチェックしよう

サプリメントの公式サイトによっては、サプリメントに含まれている成分や使われている添加物などが記載されています。また、ネットなら香料や着色料が無添加の商品も探しやすいです。

しかし、薬局やドラッグストアで購入する場合は、並んでいる商品を自ら手にとって、パッケージをよく見ないと添加物がどれだけ使用されているのかわかりません。
サプリメントは、カプセルの材料などで添加物が必要最低限です。しかし、着色料などは特になくても製造することができます。

着色料の一つであるカラメル色素や、人工甘味料のアスパルテームは、発がんの危険性があるといわれています。
ですから、健康維持のためにサプリメントを取り入れるなら、購入する前に商品のパッケージを見て、なるべく添加物が少ない商品を選びましょう。

サプリメントがなくなる前に購入しに行こう

薬局やドラッグストアで販売されているサプリメントの在庫は、その場に行ったり店舗に電話したりしないと確認することができません。
ですから、サプリメントを切らしてから購入しに行くと、商品がすぐに手に入らない可能性があります。

サプリメントの効果を実感するためには、サプリメントを継続して摂取することが大切です。そのため、今飲んでいるサプリメントの残りが少なくなった時点で、薬局やドラッグストアに買いに行くようにしましょう。

この記事の関連一覧