メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリをコストパフォーマンスで選ぼう

コエンザイムQ10の力を実感するためには、サプリメントを継続して摂取することが大切です。しかし、続けやすい価格のサプリメントではないと、継続することは困難です。
コエンザイムQ10を毎日無理なく続けるためにも、サプリメントはコストパフォーマンスで選びましょう。

コストパフォーマンスの良いコエンザイムQ10とは?

還元型のコエンザイムQ10は高い傾向がある

コエンザイムQ10には、抗酸化作用をもつ「還元型」と、そのままの状態では抗酸化力を発揮できない「酸化型」の2種類が存在します。

酸化型のコエンザイムQ10は、摂取すると小腸で還元型に変換されます。しかし、その変換力は、年齢を重ねるにつれて低下してしまうのです。
ですから、中高年の方やスポーツをする方は、体内で変換する必要がない還元型のコエンザイムQ10を選ぶことが望ましいです。

しかし、還元型のコエンザイムQ10のサプリメントは、酸化型のものと比べると高い傾向があります。

続けやすい価格で吸収率が良いのは「包接体」

酸化型のコエンザイムQ10は、還元型のコエンザイムQ10と比べると価格が安い傾向があります。酸化型のコエンザイムQ10を摂取するなら、吸収率の高い「包接体」のコエンザイムQ10がおすすめです。

包接体とは、酸化型のコエンザイムQ10を小さくして「環状オリゴ糖(シクロデキストリン)」で包んでいる状態を指します。
この環状オリゴ糖は、外側は親水性、内側は親油性という特徴があります。ですから、環状オリゴ糖の内部空間に脂溶性のコエンザイムQ10が取り込まれていることで、水分で分散され、スムーズに腸まで届けられるのです。
さらに、包接体のコエンザイムQ10のサイズは小さいため、吸収率も高いのです。

包接体のコエンザイムQ10は、還元型のものと比べると続けやすい価格ですので、コストパフォーマンスも良いといえます。

コエンザイムQ10は値段だけで決めずに質の良いものを選ぼう

コエンザイムQ10のサプリメントを継続して摂取するためには、続けやすい価格のサプリメントを選ぶことが大切です。
しかし、いくら価格が安くても、添加物が多いものや成分が少ないものでは、コストパフォーマンスが良いとはいえません。

ですから、コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ際は、価格の安さだけで決めずに、製品に含まれている成分や吸収性などをよく確認しましょう。
そして、コエンザイムQ10を継続して摂取して、理想的な体を叶えましょう。

この記事の関連一覧