メインイメージ

コエンザイムQ10(粉末・顆粒・液体・ゼリー・錠剤・カプセル)の特徴

コエンザイムQ10の摂取方法として、手軽に飲むことができるサプリが充実しています。各メーカーから様々なタイプのサプリが発売されていますが、自分にはどんなタイプが良いのか分からないという方も多いと思います。今回はコエンザイムQ10のサプリの特徴を紹介します。

粉末タイプのコエンザイムQ10

粉末タイプのコエンザイムQ10は水溶性の粉末に加工されているので水に溶けやすいです。そのまま水やぬるま湯に溶かして飲めます。大袋に入っていて専用スプーンなどで1日1~2杯飲む商品が多いです。
味は薬のような苦みはなく、飲みやすい無味無臭の粉末が多くみられます。飲みにくいと感じる場合はお茶やスムージー、野菜ジュースなど別の飲み物に混ぜると飲みやすいでしょう。
錠剤やカプセルが喉につかえて飲めないという方には粉末タイプがおすすめです。

粉末タイプの詳細をみる

顆粒タイプのコエンザイムQ10

顆粒タイプはスティック状になっており1日1本飲む商品が多いです。持ち運びができるので便利ですし、粉末と同じくお好みのドリンクに混ぜて飲めます。コエンザイムQ10だけでなくアミノ酸やフコイダンなどほかの成分と配合された顆粒サプリもあります。中には水なしでそのまま飲めるタイプもあるので、顆粒ならではの特徴といえます。
粉末と同じく水溶化されているので溶けやすく吸収されやすいです。

顆粒タイプの詳細をみる

液体タイプのコエンザイムQ10

液体タイプは栄養ドリンクのように小さなビンに入っているものと、凝縮されたコエンザイムQ10が小瓶に入っていてスポイトで1日数滴摂り入れるものがあります。
よくあるのは栄養ドリンクのタイプで、飲みやすいように果糖などが配合されています。やはり水溶化されているので吸収性に優れたものばかりです。
スポイトで吸い上げるタイプは飲み物や食品に1滴混ぜるだけでOKです。1日10滴ほどが目安なので持ち運んで色々な食品に試してみたくなりますね。

液体タイプの詳細をみる

ゼリータイプのコエンザイムQ10

ゼリーは、よくあるエネルギー補給ゼリーのような片手で押し出して飲むタイプと、スティックタイプがあります。
ゼリーに味が無いと食べるのが困難な人もいるのでフルーティーな味付けされているものがほとんどです。持ち運びができて開封すればすぐに食べられるので忙しい人に向いています。小腹が減ったときの間食の代わりとしてもカロリーが低いゼリーなので最適です。

ゼリータイプの詳細をみる

錠剤タイプのコエンザイムQ10

コエンザイムQ10の錠剤タイプも多くみられるサプリです。日本製もアメリカ製も数多く市場に出回っています。
水やぬるま湯で流し込むだけなので、味わうことなく手軽に飲むことができます。毎日決まった時間に飲むようにすると飲み忘れを防止できるでしょう。

錠剤タイプの詳細をみる

カプセルタイプのコエンザイムQ10

カプセルタイプも非常に多く出回っています。特にアメリカ製の場合はサイズが大きくて飲み込むのが辛いという人もいるようです。
ハードカプセル・ソフトカプセルのどちらもあり、カプセルの中には粉末か液体状になったコエンザイムQ10が含まれます。1日1~2粒ほどが目安です。

カプセルタイプの詳細をみる

自分に合ったサプリを選ぶ

コエンザイムQ10の様々なサプリの特徴を紹介しました。毎日決まった時間に飲みたいのか、小腹サポートとして摂取したいのか、食事や飲み物と一緒に摂り入れたいのか、あなたのライフスタイルに合った摂取方法からサプリを選んでみて下さい。

この記事の関連一覧