メインイメージ

コエンザイムQ10を含むキャベツの魅力

コエンザイムQ10には、活動に必要なエネルギーの生産を高めたり、細胞にダメージを与える活性酸素を除去する働きがあります。
このコエンザイムQ10を含む食材の一つが、キャベツです。

キャベツには、コエンザイムQ10の他にも、健康維持に役立つ成分が豊富に含まれています。

胃の健康に嬉しいビタミンUが豊富

ビタミンUは、キャベツから発見された成分で、「キャベジン」とも呼ばれています。
このビタミンUには、お酒などが原因で傷ついた胃の粘膜の修復を助ける働きがあります。また、胃液の状態を維持する働きにも期待できる成分です。

ビタミンUが不足してしまうと、潰瘍ができたときに修復が遅れたり、胃が弱くなったりする恐れがあります。
普段お酒を飲む機会が多い方は、このビタミンUを意識して摂取することが大切です。

美肌づくりに必要なビタミンCが多い

キャベツには、様々なビタミンが含まれていますが、その中でも特にビタミンCが多いです。

ビタミンCには、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑えてシミを防いだり、肌のハリをつくるコラーゲンの合成を助けたりする働きがあるため、美肌づくりには欠かせません。
また、コエンザイムQ10と同じく抗酸化成分でもあるため、細胞を酸化させる活性酸素の除去に役立ちます。

このような力をもつビタミンCがうまく働けば、弾力のある綺麗な肌をつくることができるのです。

便秘解消に嬉しい食物繊維が含まれている

コエンザイムQ10をキャベツから摂取するメリットの一つが、食物繊維を多く摂取できる点です。
食物繊維には、水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」の2種類があります。キャベツには、この不溶性と水溶性の2種類の食物繊維が含まれているのです。

不溶性食物繊維は、体内で水分を含むと膨張し、腸のぜん動運動(※1)を促して便の排出をスムーズにしてくれます。
(※1)ぜん動運動とは、ガスや便などを排出するための腸の動きのことをいいます。
水溶性食物繊維には、腸内環境を整えるだけでなく、糖質の吸収を緩やかにする働きがあります。

エストロゲンの血中濃度を高める「ボロン」が含まれている

キャベツに含まれている「ボロン」は、女性に嬉しい栄養素の一つです。ボロンは、「ホウ素」とも呼ばれており、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌をサポートする働きがあります。

このエストロゲンが十分に分泌されると、ホルモンバランスが整い、自律神経が安定します。さらに、乳腺の発達も促されるため、バストアップにも繋がるのです。

食材に含まれているボロンは、加熱に弱いという特徴があります。そのため、キャベツからボロンを効果的に摂取するためには、熱で調理をせずにサラダなどにして食べることをおすすめします。

まとめ

コエンザイムQ10は、エネルギーの生産に欠かせない成分ですので、意識して補うことが大切です。このコエンザイムQ10は、牛肉といった肉類だけでなく、キャベツにも含まれています。

キャベツからコエンザイムQ10を摂取するメリットは、ビタミンUや食物繊維、ボロンなどを一緒に補えることです。
キャベツには、このように健康や美容に嬉しい成分が豊富に含まれているため、理想的な体や美肌を叶えたい女性におすすめです。

キャベツに含まれるボロンといった成分は熱に弱いため、サラダなどにして食べましょう。また、ビタミンCなどの栄養は、芯の近くの葉に多く含まれているため、芯まで残さず使いましょう。芯は堅いですが、削ぎ切りや千切りなどにして薄くすることで、サラダにも使えます。

この記事の関連一覧