メインイメージ

コエンザイムQ10のサプリを選ぶ際は含有量をチェックしよう

コエンザイムQ10の一日の摂取目安量

コエンザイムQ10は、活動に必要なエネルギーをつくる際に、重要な役割を果たす成分です。体内でつくられるコエンザイムQ10の量は、20歳を過ぎると加齢に伴って減少していってしまうため、サプリメントなどから意識的に補うことが望ましいです。

このコエンザイムQ10は薬ではないため、一日の摂取量の決まりはありませんが、目安は30~300mgとされています。

コエンザイムQ10のサプリメントは、一日の推奨量が60mg程度の商品が多く流通しています。しかし商品によっては、含有量が30mg程度のものや、300mgも含んでいるものもあります。

摂取する目的に合わせて含有量を選ぼう

健康維持が目的なら30mg

コエンザイムQ10は、一日30mgの摂取でもうまく吸収されていれば十分だといわれています。
ですから、健康的で元気な体を維持するためにコエンザイムQ10を取り入れるなら、一日に30mg程度摂取できるサプリメントを選びましょう。

また、コエンザイムQ10はサプリメントだけでなく、イワシや牛肉などの食材にも含まれています。健康を維持するためなら、こういった食材を毎日の食事に取り入れてみても良いでしょう。

元気と体力をつけたい中高年は100mg程度

市販されているコエンザイムQ10のサプリメントには、一日に100mg程度摂取できるものも多く存在します。

体内でつくられるコエンザイムQ10は、中高年になるとさらに大きく減少していきます。ですから、疲れやすさを感じている方や体力をつけたい方は、一日の摂取量が100mg程度のコエンザイムQ10を選ばれることをおすすめします。

体内にコエンザイムQ10が十分にあることで、細胞内に存在しているミトコンドリアがエネルギーをうまくつくり出すことができるのです。

スポーツをする人は100~300mg

コエンザイムQ10のサプリメントには、アスリート向けに一日に約300mg摂取できるものも存在します。

コエンザイムQ10には、エネルギーづくりを活性化させる働きがあるため、十分に補うことで運動パフォーマンスの向上が期待できるのです。
普段はコエンザイムQ10を一日に100mg程度摂取し、大切な大会などの前後には摂取量を300mgに増やすという摂取方法もあります。

このように、スポーツする人はトレーニングなどの予定に合わせて、コエンザイムQ10の摂取量を調整することをおすすめします。

この記事の関連一覧