メインイメージ メインイメージ

風邪予防に役立つコエンザイムQ10の力

エネルギーの生産を高めて免疫力を上げる

免疫力を高めるために必要なエネルギーとは

風邪は、ウイルスが原因となって起こる病気です。この風邪を予防するためには、ウイルスや細菌と戦う力である免疫力を高めることが大切です。
特に、喉や鼻の粘膜が乾燥してウイルスが活性化しやすくなる冬は、手洗いうがいを心がけるなど意識して予防することが望ましいです。

また、免疫力を高めるためには、NK細胞やマクロファージなどの免疫細胞の働きを活性化させる必要があります。
全ての免疫細胞にとって必要不可欠なエネルギーが、ATP(アデノシン3リン酸)です。

このATPは、食事などから体内に取り込まれた糖質・脂質・タンパク質などの栄養素が、細胞内に存在しているミトコンドリアの働きによって変換されることで生まれます。
ATPは免疫細胞の働きだけでなく、体内のあらゆる活動にとって欠かせないエネルギーです。

エネルギーであるATPの生産量が上がると、免疫細胞も正常に働くことができ、風邪を引きにくい体が叶えられるのです。

コエンザイムQ10がATPの生産を活性化する

ミトコンドリアがATPをうまくつくり出すためには、ミトコンドリアの働きを助けるコエンザイムQ10が必要です。ですから、体内のコエンザイムQ10が減少してしまうと、ATPの生産量が減ってエネルギー不足となってしまうのです。

体内でつくられるコエンザイムQ10の量は、20歳を境に減少していってしまいます。そのため、コエンザイムQ10はサプリメントなどから積極的に摂取すると良いでしょう。

コエンザイムQ10を十分に補うことで、ミトコンドリアのATPをつくり出す力を活性化させることができます。その結果、全ての免疫細胞も活性化されて免疫力のアップにつながるのです。

抗酸化力で免疫細胞にダメージを与える活性酸素を除去する

人は呼吸によって酸素を吸うと、体内で活性酸素が発生しますが、この活性酸素も風邪を引き起こす原因になることがあります。

活性酸素には、体内に入り込んだ細菌やウイルスと戦う働きがあります。しかし、ストレスや喫煙などの影響を受けると、活性酸素は大量に発生して健康な細胞まで酸化させるため、免疫力の低下にも繋がってしまうのです。

人の体には、元々増えすぎてしまった活性酸素を除去する力がありますが、その力は加齢とともに弱くなってしまいます。そのため、活性酸素の働きを抑制してくれる抗酸化成分を積極的に取り入れることが望ましいです。

コエンザイムQ10は抗酸化力が強い成分ですので、十分に補うことで体内で過剰に発生した活性酸素を減らすことができます。

コエンザイムQ10が多く含まれている食品は、牛肉やイワシなどです。しかし、コエンザイムQ10の一日の摂取目安量である約100mg程度を満たすためには、牛肉の場合は約3kg程度、イワシの場合はなんと約20尾程度も食べる必要があるのです。

このように、コエンザイムQ10を食品から十分に補うことは困難です。ですから、免疫力を高めるためにコエンザイムQ10を摂取するなら、サプリメントがおすすめです。

この記事の関連一覧