コエンザイムQ10による病気の予防・改善(更年期障害)

主に女性に訪れる更年期障害は自分でコントロールできないほどイライラしたり体がだるかったりと様々な不調を引き起こします。自分だけでなく周りの人にも不快感を与えてしまうでしょう。
そんな更年期障害の予防・改善にコエンザイムQ10が効果を発揮してくれます。どのように作用するのでしょうか。

更年期障害とは

閉経前後の約10年間を更年期といいます。日本人女性は50歳前後です。この頃に現れる様々な不快な症状が更年期障害です。これは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが40代半ばから急激に減少していくことが原因です。
脳の視床下部にある下垂体からエストロゲン分泌の指令を出しても、45歳を過ぎるころからは卵巣機能が衰えているのでエストロゲンが分泌されにくくなっています。
このため脳が混乱してしまい、視床下部で司っている自律神経も乱れて様々な更年期障害を引き起こすのです。
その症状としては、イライラ・のぼせ・疲れやすい・多汗・動悸・関節の痛み・耳鳴り・頭痛・しびれ・不安感・不眠などのあらゆる不調が起きます。
何も対策していないと日常生活を送るのが困難になるほど辛くなります。何か趣味を見つけて没頭したり、運動してストレス解消したり、サプリメントに頼ってみても良いでしょう。

コエンザイムQ10の更年期障害の緩和効果

血流改善

コエンザイムQ10は細胞内に存在してエネルギー産生を促す働きがあります。細胞を活性化させて働きを活発にするのです。特にエネルギー消費が大きい心臓に多く存在しており、心臓の働きが活発になるとポンプ機能が向上されて全身に血液が巡りやすくなります。コエンザイムQ10によって血流改善効果に期待できるのです。
さらにコエンザイムQ10には活性酸素を除去する抗酸化作用があります。血管内に活性酸素が発生すると、コレステロールを酸化させてしまい血管壁に癒着します。すると血管が狭くなり血流が悪くなるのですが、抗酸化作用によって活性酸素を除去することで癒着を防ぐことができます。血流悪化を予防することができるのです。
これらのコエンザイムQ10の働きによって、更年期障害に起こりがちな手足の冷えや肩こり・しびれの改善に期待できるでしょう。血流がスムーズになって酸素や栄養素も全身に届きやすくなり、動悸・息切れ・疲労感・肌荒れなどの対策としても効果的です。

自律神経の調整

エストロゲンの分泌がうまくできずに自律神経が乱れることで更年期障害が現れます。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は主に日中活動しているときや緊張しているときに働き、副交感神経は夜間休息しているときやリラックスしているときに働いています。
自律神経は神経細胞を複数たどって生命維持に関わる体の機能を調整しています。
コエンザイムQ10は細胞内に存在してエネルギー産生を行い、細胞を活性化させます。これは神経細胞にも同じことがいえます。神経細胞が活性化されることで自律神経の乱れを改善し、交感神経と副交感神経の切り替えを正常にします。
交感神経が長時間優位になって起きていたイライラや息切れ、不眠と、副交感神経が抑制されて起きていた無気力や胃腸の不調、便秘、集中力の低下など、これらの不調を改善に導くことができるでしょう。こうして更年期障害の症状を緩和できます。

疲労回復

コエンザイムQ10が心臓の細胞を活性化させて血流が改善されると、酸素や栄養素が全身に届きやすくなるので疲労が回復されます。また新陳代謝が上がって疲労物質を排出することでも疲れが取れやすくなるでしょう。
コエンザイムQ10によってエネルギー産生が活発になることで、体が元気になり疲れにくい体を作ることもできます。
更年期障害では疲れやすくなって無気力を引き起こすことがあるのでコエンザイムQ10で改善しましょう。

骨粗しょう症の予防

更年期が終わりかけた頃に骨粗しょう症に襲われることがあります。これは更年期になりエストロゲンの分泌が減少することが原因の一つです。エストロゲンには骨密度を保つ役割があります。エストロゲンが減少することで骨密度が下がり、70%以下になると骨粗しょう症と診断されます。
予防のために骨を強くするカルシウムの摂取が必要ですが、合わせてコエンザイムQ10の摂取も推奨されます。コエンザイムQ10には繊維芽細胞を活性化させてコラーゲンの生成を促す働きがあります。骨と骨の間にはコラーゲンが埋まっているので、骨を丈夫にするにはコラーゲンも必要なのです。
そのコラーゲンの生成をサポートするために、コエンザイムQ10も摂取して骨粗しょう症の予防に努めましょう。

コエンザイムQ10で更年期障害の対策を

コエンザイムQ10では更年期障害で起こる様々な不調を和らげてくれることが分かりました。更年期というのは必ずやってきます。年だから仕方ないと諦めずに、その辛さを軽減するためにはコエンザイムQ10を補給しましょう。
また友人とランチに出かけたりジムで汗を流したりすることも更年期のイライラや不安感を取り除くのに最適です。あなたに合った方法で更年期障害を乗り越えましょう。