コエンザイムQ10の美容効果(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸生成)

コエンザイムQ10は肌を若々しく保つ成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成にも関わり、美容効果を上げています。どのように美肌に導いてくれるのか紹介します。

美容成分について

コラーゲンとは

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体を作っているタンパク質のうち約30%がコラーゲンといわれています。体の様々な部分に存在しており、関節や軟骨、血管にもコラーゲンが含まれます。特に皮膚に多く、皮膚全体の約70%はコラーゲンが占めています。皮膚の真皮コラーゲン分子が保たれることで肌にハリ・弾力を与えて瑞々しい健康な肌の状態を維持できます。
しかし体内のコラーゲンは年齢とともに減少して、体内で合成される力も衰えていきます。50代になると20代のときに比べて体内のコラーゲンが半分ほどに減ってしまうのです。これにより肌も衰えてしわやたるみの原因に繋がります。

エラスチンとは

エラスチンとはコラーゲンの繊維を繋ぎ止めるように支えている繊維状のタンパク質の一種です。コラーゲンのように皮膚や血管に多く存在しており、ゴムのように伸縮することで肌に柔軟性を与えています。エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなるので肌に弾力がなくなってしまいます。
エラスチンも加齢に伴い減少していきます。20代半ばにピークを迎えた後どんどん減少していき、40代を過ぎると急激に減少スピードが速まります。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在して水分の保持をするムコ多糖類という成分です。多くは皮膚の真皮に含まれますが、関節や眼球にも存在しています。その水分保持能力は高く、1gのヒアルロン酸で約6リットルの水を保持できるといわれています。
しかしヒアルロン酸もコラーゲンやエラスチンと同じく年齢とともに減少してしまい、40代では赤ちゃんの半分、60代で1/4にまで減ってしまうのです。

コエンザイムQ10の美容成分生成効果

コラーゲンもエラスチンもヒアルロン酸も、加齢に伴い減少することが分かりました。減少を阻止するためにはこれらの美容成分の組織を生成する「繊維芽細胞」の活動を促すことと、細胞を老化させる活性酸素を除去する必要があります。
そこでコエンザイムQ10が役立ちます。コエンザイムQ10は個々の細胞内でのエネルギー生成を促進して細胞を活性化させます。さらに強力な抗酸化作用によって活性酸素を除去する働きもあります。
コエンザイムQ10を体内に取り入れて肌の真皮まで届くと、繊維芽細胞を活性化させてコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の合成が盛んになることが分かっています。
実際に肌弾力性が低い平均年齢47歳の10名の女性にコエンザイムQ10のサプリメントを6週間摂取してもらう実験が行われました。摂取前は肌弾力性が67.8%であったのに対し、摂取後には85.9%まで上昇しました。これは50~60代の肌弾力性が20代レベルまで上がったことを意味しています。
コエンザイムQ10によって繊維芽細胞が活性化されたため、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分が十分に生成されたためと考えられます。
参照元:「今、シクロケムが注目していること 」株式会社シクロケムバイオ(2018/03/27)
http://www.cyclochem.com/cyclochembio/watch/watch_020_03.html

さらにコエンザイムQ10には抗酸化作用もあるので、繊維芽細胞が活性酸素によって酸化されることを防ぎます。繊維芽細胞が酸化されると機能が衰えてしまい、コラーゲンなどを作れなくなったり壊されたりします。抗酸化作用があることによって繊維芽細胞が守られるのです。
こうしたコエンザイムQ10の細胞活性化や抗酸化作用によってコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成が正常に保たれることにより、肌のハリや弾力を保つことができるのです。

コエンザイムQ10で美容効果を上げる

コエンザイムQ10を摂取することで美肌成分であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成が促されることが分かりました。年齢とともに減少するこれらの美容成分を補うことで肌の弾力を取り戻すことができます。そのためにはコエンザイムQ10が必要です。
実はコエンザイムQ10も年齢とともに減少してしまうので、美容効果を上げるためにはコエンザイムQ10をサプリメントなどで十分に補っておくことをおすすめします。一度衰えてしまった肌でも継続的にコエンザイムQ10を摂取することで生まれ変わることができるでしょう。