活性型コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶとき、酸化型や還元型はよく目にしますが「活性型」はご存知でしょうか?どのような状態でどんな人に向いているのか、酸化型・還元型との違いなど詳しく解説します。

「活性型」とは?

活性するとは、機能が高まったり反応が活発であったりすることで、物質の場合はエネルギー状態が高く化学反応が起こりやすいことをいいます。
通常の状態では効き目が出るまで時間がかかるものも、活性化されていれば大きな効果に期待できます。
つまり活性型コエンザイムQ10は高機能であることが分かります。

活性型コエンザイムQ10の特徴

活性型コエンザイムQ10は、状態的にいうと還元型コエンザイムQ10と同じです。還元型コエンザイムQ10は電子を持っており、体内に入ると小腸からすぐに吸収されやすい状態です(酸化型は電子を持っておらず還元型に変換しないと吸収されない)。
つまり活性型コエンザイムQ10も還元型と同じく体内に吸収されやすいのです。還元型と区別化されているのは、メーカーによって還元型コエンザイムQ10をさらに特殊な技術で小さく安定させているからです。特許開発会社と協力して物質を小さくする技術を取得したり、さらに小さくするナノ化テクノロジーを持っていたり、小さい粒に分解させるミセル化の技術で加工していたりと、様々な方法で活性型にしているのです。
このように小さくしたり溶けやすくしたりして、より体内に吸収されやすい状態のコエンザイムQ10が「活性型」といえます。すぐに働き始めて即効性にも期待できるでしょう。
還元型コエンザイムQ10をレベルアップさせたようなイメージですね。

どんな人に向いているか

活性型コエンザイムQ10は、効率よくすぐにでも効果を実感したいという方に向いています。
例えば加齢に伴い元気がなくなってきた人や、生活習慣病で体調不良が続く人、激しいスポーツでエネルギー消費が激しい人、紫外線・喫煙・ストレスなどで体内に活性酸素が溜まっていると感じる人など、多くの人におすすめできます。
コエンザイムQ10は細胞内でエネルギー産生を促したり、体を錆びつかせる活性酸素を除去したりして私たちの健康を支えています。
特に40代を過ぎると体内のコエンザイムQ10の量が減少してしまい不調を感じやすくなります。
このような方は活性型コエンザイムQ10を摂取して、体のエネルギーを作るとともに老化の原因である活性酸素を除去してあげてください。
活性型コエンザイムQ10は製法に技術が必要なので価格が高価な場合もありますが、その分期待もできます。ご自分に合ったコエンザイムQ10を選ぶようにしましょう。